google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

その他

タイ国王、側室から配偶者の称号剥奪!側室が正式に任命されたのはおよそ100年ぶり!

投稿日:


10月21日、タイのワチラロンコン国王(67)は7月に側室のシニーナトさん(34)に与えた「高貴な配偶者」の称号を剥奪すると発表しています。

国王が5月に結婚したスティダー王妃(41)に対する不満を表明するため「あらゆる方法で圧力をかけた」ことが理由で、あわせて与えていた陸軍少将の地位も剥奪しています。

国王は5月の戴冠式を前に元客室乗務員のスティダーさんと正式に結婚し、王妃として迎え、さらにその約2カ月後の7月には元看護師のシニーナトさんに高貴な配偶者を意味する「チャオクンプラ」の称号を与え、側室として登用しました。タイは長らく一夫一妻制が続いており、側室が正式に任命されたのはおよそ100年ぶりとなっています。

タイ国王、側室から配偶者の称号剥奪!の反応

ワチラロンコン国王の戴冠式とは

https://www.nikkei.com 引用

タイ国王の戴冠式とはどのようなも
のか紹介します。

タイ王室は1日、ワチラロンコン国王(66)の戴冠式を5月4日に執り行うと発表した。

父の故プミポン前国王の在位期間が長かったため、タイで国王の戴冠式が催されるのは69年ぶりとなる。

王室は文書で「国王が戴冠式の実施をお認めになった」と発表した。

ワチラロンコン国王は前国王死去後の2016年12月に即位を表明したが、戴冠式の日取りについては沈黙を保っていた。

前国王の戴冠式が開かれたのは1950年5月5日。

長男のワチラロンコン国王は69年後の同じ時期に自らの戴冠式を開くことになる。

2014年から軍事政権が治めてきたタイでは、2月24日に総選挙が実施される見通し。

戴冠式のタイミングではまだ次期政権は発足していない公算が大きく、戴冠式は軍政下でおこなわれることになりそうだ。

総選挙の後に、国を挙げての戴冠式準備が控えることになる。

この日取りを選んだ国王の意図は不明だが、5月初めが憲法上の実施期限である総選挙の着実な実施を後押ししそう。

「総選挙後の政治対立や政情混乱を抑える効果もある」(タイ政治の専門家)との見方が出ている。

https://www.nikkei.com 引用

戴冠式とは日本では即位礼正殿の儀
に近い意味合いがあるのではないか
と思われます。

ワチラロンコン国王のこれから

ワチラロンコン国王の奇行について
紹介します。

4度の結婚歴やその奔放な私生活から、海外マスコミの一面を賑わすことが多い。

もちろんタイ国内では不敬罪で報道関係者が投獄される可能性があるため、その全容は報道できない。

2007年には、当時3人目の妻であったシーラット妃の30歳誕生パーティーで、本人を大勢の人間がいる中、一人だけ裸にさせている映像が出回った。

なお2014年にシーラットと離婚後、なぜか彼女の両親や兄弟が、汚職や不敬罪で次々と逮捕された。

2016年7月22日、ワチラーロンコーンがドイツに持つ別荘に向かう途中、ミュンヘン空港での姿を現地のタブロイド紙が発表している。

服装は女物のタンクトップ、ずり下がったジーンズ、サンダルというラフな格好の上、背中には大きな刺青が施されていた。

ワチラーロンコーンの数少ない外交業務に1987年の訪日がある。

この時、妻ではなく愛人を連れて行こうとしたが、外交儀礼に反するという理由で日本国政府に拒否されている。

日本滞在中、自動車で移動中に小便を我慢できなくなり、高速道料金所の便所で用を済ますことになったり、除幕式で背丈に合わない椅子が用意されたりした。

それを自分に対する冷遇と受け取り、予定より3日早くタイ王国に帰国した。

9年後の1996年、当時の内閣総理大臣であった橋本龍太郎がタイで行われた国際サミットに参加した際に、日本に対する報復を行った。

バンコクのドンムアン空港に、橋本首相が搭乗した日本国政府専用機が着陸した際、ワチラーロンコーンも3機のタイ王国空軍の戦闘機を使って滑走路を塞がせた。

橋本首相は約20分間機内に閉じ込められたが、日本国政府は敢えて抗議をしない対応を取った。

https://ja.wikipedia.org 引用

前国王が70年も公務を務められた
のはワチラロンコン国王に即位する
事に不安を持っておられたからのよ
うです。

国内外を問わず各地を訪問し地道に
活動する妹のシリントーン王女の人
気は非常に高く彼女を国王にという
声は今でも多いそうです。

今回の結婚と戴冠式で国王の奇行や
浪費癖がなきなるのか注目されて
います。

-その他

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.