google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

スポーツ

逆転CS、マジック1!敗れるか引き分けの場合は広島がCS進出!6連勝で奇跡を!

更新日:


9月29日、阪神は中日に勝利で5連勝、3位広島にゲーム差なしまで肉薄し、奇跡の逆転CS出場に王手をかけました。

30日の中日戦勝利が絶対条件。引き分けなら勝率5割同士でも、勝ち数で上回る広島が優位になります。

重圧もかかる大一番だが、指揮官は「やるしかないんでね。楽しみにしています」とコメントしています。

逆転CS、マジック1!の反応

明日の先発は阪神が青柳投手、中日が大野投手です。

大野投手は防御率のタイトルがかかっているだけに手ごわい相手になりそうです。

逆転CS、クライマックスシリーズとは


クライマックスシリーズ

導入の経緯
2004年から2006年の3シーズンの間、パシフィック・リーグでは、リーグ優勝・日本選手権シリーズ進出決定後の消化試合を出来る限り減らすことを目的に、シーズン上位3球団によるトーナメント方式のプレーオフ制度が実施されてました。

これが興行的に成功を収め、さらに2004年・2005年の2シーズンはいずれもレギュラーシーズンを1位で通過しなかったチームがプレーオフを勝ち上がり、日本選手権シリーズを制した(2006年はレギュラーシーズン1位通過の北海道日本ハムファイターズがプレーオフを制し、そのまま日本シリーズも制した。)ことなどから、2006年にセントラル・リーグでも導入に対する待望論が浮上し、議論が進められました。

そして同年9月4日のプロ野球実行委員会で、翌2007年シーズンからセ・リーグでも導入されることが決定され(当時は「ポストシーズンゲーム(PSG)」という仮称が付けられていた)、これに伴って両リーグで実施方式や名称を統一することになりました。

これに合わせてファンからネーミング案を一般公募し、1948通(メール1438件、ハガキ510件)寄せられた候補を元に検討した結果、名称を「クライマックスシリーズ」とすることが11月14日に決定、リーグ別の呼称も併せて発表され、セ・リーグが「クライマックス セ」、パ・リーグが「クライマックス パ」と決まりました。

開始当初はリーグ2位球団対3位球団の対戦を「第1ステージ」(一般のトーナメント戦でいう準決勝・あるいは3位決定戦相当)、リーグ優勝球団対第1ステージ勝利球団の対戦を「第2ステージ」(同決勝戦相当)と称していましたたが、2010年シーズンから第1ステージを「ファーストステージ」、第2ステージを「ファイナルステージ」にそれぞれ名称変更することになりました。

これは、まずセ・リーグが同年8月2日のプロ野球実行委員会で改称を報告したもので、これを受けて同じく改称を検討していたパ・リーグもセに同調し、8月16日に改称を発表しています。

-スポーツ

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.