google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

その他

丸亀署、生活安全課警察官がリサイクル店で威圧的なクレーム?刑事告訴される!

投稿日:


7月8日、直撃LIVEグッディ!やニュースなどで香川県の丸亀署が話題になっています。

内容は、香川県警丸亀署生活安全課の現職警察官が丸亀市のリサイクル店で執拗クレームをした事で問題になっています。

丸亀署生活安全課の現職警察官の異常と思えるクレームは防犯カメラに撮られており証拠として残っています。

丸亀署、生活安全課警察官のクレーム内容

リサイクル店によると男性が持ち込んだもののうち、皿が一枚割れていて「買い取れない」と説明したところ男性は「店側が割った」と言い張りごねはじめます。

あまりにも執拗なクレームに女性店員は過呼吸を起こして倒れてしまいました。

オーナー男性が通報、4人の警察官が駆け付けたが事件性は無いと説得されてしまいます。

男性警察官は自分が被害者と主張し正当性を主張しました。

ところが、4日後、男性警察官は上司とともに謝罪に来ましたが、言い訳ばかりで反省の色はなかったようです。

そこでオーナー男性は告訴状を提出する事を決断しました。

香川県警は威力業務妨害の疑いで捜査を開始しています。

香川・丸亀署の生活安全課の担当は警察安全相談係、少年係、生活安全係で古物商の担当者は立ち入り検査の申し入れが可能でこの男性がクレームで言い放った立ち入りしよかはかなり悪質なクレームの手口と思われます。

具体的には生活安全課警察官はこの店員が皿を割った主張しました。 丸亀署の男性署員:「わし今、丸亀署の生安の担当者や。古物の。そこの責任者や」 署員は生活安全課の担当者だと話したうえで、「今度、立ち入りしようか」などと威圧的な発言をし、約1時間にわたって店に居座ったということです。

元警視庁刑事によると「店舗側は違反でないものでも「違反だ」という形にされるのではという恐怖心があったはず」とコメントしています。

丸亀署、生活安全課警察官のクレームへの反応

丸亀署、生活安全課警察官への怒りのコメントや店員の方が大丈夫かなという心配の声が多数あがっていました。

この皿はヤマザキぱん祭りの皿では?など情けない人だなというコメントもありました。

真面目な警察官の方が大半なのでその方達は可哀そうとの声もあがっていました。

丸亀署、生活安全課警察官のこれから

今回の件を知る中でこの丸亀署、生活安全課警察官はこれまでもいろいろ警察の権力を使い何かやっていたのではないかと思ってしまいました。

最初の通報後の4人の警官もうやむやにしようとした事からさらにそうではないのかと感じています。

丸亀署にはきっちりと捜査して、見落としがないようにして頂きたいと思います。

-その他

Copyright© サイネタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.