google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

芸能

佐藤浩市、若い頃の画像!映画空母いぶきでのインタビューで炎上!

更新日:

 

https://natalie.mu 引用

5月24日から公開される空母いぶ
きですが佐藤浩市さんのインタビュ
ーがきっかけで、大変な事になって
います。

確かにインタビュー内容を見てみる
とおかしな発言をされてる部分もあ
るように見えます。

佐藤浩市出演の映画空母いぶきとは

映画空母いぶきのあらすじは以下の
通りになります。

戦後、日本が経験したことのない24時間を描くクライシス超大作、ここに誕生!

20XX年、12月23日未明。未曾有の事態が日本を襲う。

沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、わが国の領土が占領されたのだ。

海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群に出動を命じた。

その旗艦こそ、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》だった。

計画段階から「専守防衛」論議の的となり国論を二分してきた《いぶき》。

艦長は、航空自衛隊出身の秋津竜太一佐。そしてそれを補佐するのは海上自衛隊生え抜きの副長・新波歳也二佐。現場海域へと向かう彼らを待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。

さらに針路上には敵の空母艦隊までもが姿を現す。

想定を越えた戦闘状態に突入していく第5護衛隊群。

政府はついに「防衛出動」を発令する。迫り来る敵戦闘機に向け、ついに迎撃ミサイルは放たれた……。

息もつかせぬ展開と壮大なスケールで描かれる、戦後、日本が経験したことのない24時間。

日本映画界を代表する俳優陣が集結して贈る、超ド級のエンタテインメント大作がここに誕生する。

原作は「沈黙の艦隊」「ジパング」などで知られる巨匠・かわぐちかいじ氏の同名コミック。2014年より「ビッグコミック」誌にてスタートした連載は現在も継続中だが、日々変わりゆく昨今の国際情勢をにらみ、映画ではオリジナルの設定と展開も加え、日本がかつてない危機にさらされた、遠くない未来の一日の物語とした。

監督は『ホワイトアウト』(00)『沈まぬ太陽』(09)『柘榴坂の仇討』(14)など骨太な人間ドラマで知られる若松節朗。

戦後初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》とその乗員たちを中心に、政府やメディア、そして国民たちが、それぞれの立場、それぞれの思いで、この国が保ち続けた平和を守ろうとする熱き闘い。

そのとき彼らは何を考え、如何なる選択をするのか。

そして手にした力はどのような形で使うべきなのか。

我々がこの映画で目撃するのは、そんな彼ら一人一人の決断が作る、明日の日本の姿である。

https://kuboibuki.jp 引用

今、問題になっている憲法9条を
改定すべきかを考えさせられる映
画になっています。

佐藤浩市出演の映画空母いぶきとの試写会の様子

https://www.oricon.co.jp 引用

4月22日に行われた完成試写会の
様子を紹介します。

俳優・西島秀俊、佐々木蔵之介らが22日、都内で行われた映画『空母いぶき』(5月24日公開)の完成披露試写会に出席。同作に出演する豪華22人のキャストが一堂に集まり、集まったファンも大きな拍手を送っていた。

この日は、西島と佐々木のほか、本田翼、玉木宏、中井貴一、佐藤浩市、深川麻衣、高嶋政宏、藤竜也、山内圭哉、土村芳、小倉久寛、吉田栄作、市原隼人、戸次重幸、平埜生成、村上淳、和田正人、片桐仁、若松節朗監督、かわぐちかいじ氏、福井晴敏氏が登壇。

トークセッションで“人生でした最大の決断”を聞かれた西島は「決断とは外れるかもしれないですけど、家庭を持って、子どもが産まれたのは大きな出来事でした。それまでも考えていましたけど、次の世代に何を残せるか、より強く考えるようになりました」と家庭を持ったことでの心境の変化を語った。佐々木は「実家が京都の酒屋なので、それを継がずに俳優を選んだのは、人生最大の決断でしたね」と振り返った。

総理大臣役を務める佐藤は「まさか自分が総理大臣になるとは」と驚きつつ「この間、七回忌が終わったばかりで、三國(連太郎さん)もニタニタしていると思います」と名優の父に向けて、思いをはせた。

同作について西島は「この映画を観た映画関係者の方たちに、泣けて仕方がなかったと言われて、観てくれた方たちがなぜ泣けたか考えていました。それはキャスト、スタッフ、自衛隊のみなさん、全員が平和のために戦っていた。そこに誰もブレることがなかったのが泣けるところなのではないかなと思っています」と話していた。

https://www.oricon.co.jp 引用

メディア情報を紹介します。
■4/19
「遊・悠・WesT中四国版」表紙・インタビュー(本田翼)
「サクラサクライフ」表紙・インタビュー(本田翼)
■4/24
「デジタルTVガイド」インタビュー(西島秀俊)
■4/26
「シティリビング」インタビュー(本田翼)
■4/28
「Oggi」インタビュー(西島秀俊)
■5/1
「FLIX plus」インタビュー(西島秀俊・佐々木蔵之介)
「J movie magazine」インタビュー(西島秀俊・佐々木蔵之介)
■ 5/6
「ダ・ヴィンチ」インタビュー(佐々木蔵之介)
■5/9
「FINEBOYS」インタビュー(本田翼)
■5/10
「Voice」インタビュー(西島秀俊)
■5/12
「ar」インタビュー(佐々木蔵之介)
「up PLUS」表紙・インタビュー(本田翼)

https://ibukimovie.tumblr.com/ 引用

この他にもテレビの番宣にも多数で
ており気合が感じられる活動をされ
ています。

佐藤浩市出演の映画空母いぶきのこれから

https://ddv192.jp 引用

これから各地で先行試写会が行われ
舞台挨拶が予定されています。

佐藤浩市さんが舞台挨拶に出られる
のかと出られたらどのような発言を
されるかに注目が集まります。

佐藤浩市さんが2009年に出演さ
れた映画の動画です。


このものまねは似てないですが、
なぜか面白いです。

-芸能

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.