google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

交通情報

西武池袋線、清瀬~秋津駅間、人身事故で運転見合わせ!振替輸送実施!運転再開も遅延、運休が発生!

投稿日:


12月5日、18時47分頃、清瀬~秋津駅間での人身事故の影響により池袋~所沢駅間・西武有楽町線・豊島線の運転を見合わせています。

振替輸送は実施されています。

20時01分頃運転を再開し遅延と運休が発生しています。

西武池袋線、清瀬~秋津駅間、人身事故で運転見合わせ!の反応

西武池袋線、池袋駅とは


池袋駅(いけぶくろ えき)

利用状況
2018年度の各社合計の乗降人員は約268万人であり、新宿駅、渋谷駅に次ぐ世界第3位の乗降人員になります。相互直通運転による通過人員を除いた場合、新宿駅に次ぐ世界第2位の乗降人員で、1992年度をピークに近年は利用客数が減少傾向にあります。
各社合計の1日平均乗降人員は1992年度に約312万人を記録したのを最高に、1996年度までは300万人の大台に乗っていましたが、2001年度には270万人を割り、この5年間で乗降人員は30万人以上減少しました。
2008年6月の東京メトロ副都心線開業後は、これまでJR東日本・東武・西武の各社の路線を利用していた乗客の一部が同線に転移したこともあり、2008年の3社の乗車人員はJRの約2.6万人減を最大に合計約4.4万人ほど減少しました。2008年の丸ノ内線も9千人弱、有楽町線も2万人強減少しており、東京メトロ各線の乗車人員の合計は前年比約6.4千人の増加に留まりました。

:JR東日本 – 2018年度の1日平均乗車人員は566,994人である。
同社の駅では新宿駅に次いで第2位である。

:東武鉄道 – 2018年度の1日平均乗降人員は482,804人である。
同社の駅では第1位だが、2008年度以降は50万人を割り込み、第2位である北千住駅との差が3万人程度に縮まっている。

:西武鉄道 – 2018年度の1日平均乗降人員は490,259人である。
同社の駅では第1位。最ピーク時は1日平均乗降人員が67万人を越え、私鉄における一路線のターミナル駅として日本最大となる時期もあったが、近年は50万人を割り込んでいる。だが数値上では1980年度の101万人が最盛期。

:東京メトロ – 2018年度の1日平均乗降人員は575,043人である。
同社の駅では第1位だが、この値は東京メトロ線同士の乗換人員を含まない。
東京メトロ線同士の乗換人員を含んだ、2018年度の路線別1日平均乗降人員は以下の通りである。
丸ノ内線 – 319,854人 – 同線内では第1位。
有楽町線 – 194,305人 – 同線内では小竹向原駅、有楽町駅、豊洲駅に次ぐ第4位。
副都心線 – 158,670人 – 同線内では渋谷駅、小竹向原駅、新宿三丁目駅に次ぐ第4位。

-交通情報

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.