google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

芸能

平野啓一郎氏、嘘つきを総理にしてたら、政治が混乱する!違法行為が疑われてるのに、見逃せるわけないだろう!

投稿日:


11月22日、 公開中の映画「マチネの終わりに」の原作者で作家の平野啓一郎氏がツイッターで、結局、嘘つきを総理にしてたら、政治が混乱し、停滞するということ。だから、彼は辞めるべきだし、野党のせいじゃないよ。違法行為が疑われてるのに、見逃せるわけないだろう。と発信し話題になっています。

安倍晋三首相に「辞めるべき」と退陣を促した内容になっています。

田村智子議員
「そのうち忘れるだろう、ごまかせるだろうと。安倍政権の7年間て、ずっとその繰り返しじゃないですか。
官僚の皆さん、本当にね、もう守らなくていいですよ。ここまで私物化やって、こんな明々白々の嘘をついて。開き直って、反省もしない」

本当だ、目を覚ませ!!ともツイートされていました。

平野啓一郎氏、嘘つきを総理にしてたら、政治が混乱する!の反応

平野啓一郎氏とは


平野 啓一郎(ひらの けいいちろう)

☆誕生
1975年6月22日
日本・愛知県蒲郡市
☆職業
小説家
☆言語
日本語
☆国籍
日本
☆教育
学士(法学)
私立明治学園中学校卒業
福岡県立東筑高等学校卒業
☆最終学歴
京都大学法学部卒業
☆活動期間
1998年 –
☆ジャンル
小説・随筆・評論
☆代表作
『日蝕』(1998年)
『葬送』(2002年)
『決壊』(2008年)
『ある男』(2018年)
☆主な受賞歴
芥川龍之介賞(1999年)
芸術選奨新人賞(2009年)
ドゥマゴ文学賞(2009年)
芸術文化勲章シュヴァリエ(2014年)
渡辺淳一文学賞(2017年)
読売文学賞(2019年)
☆デビュー作
『日蝕』(1998年)
☆配偶者
春香
☆子供
1女・1男

経歴
☆2002年、19世紀のパリを舞台にショパン、ドラクロワ、ジョルジュ・サンドらの織り成す人間模様を描いた『葬送』を刊行。『日蝕』『一月物語』と合わせて「ロマンティック三部作」としました。
以降は一転して現代を舞台にした短編に取り組み、『高瀬川』(2003年)や『滴り落ちる時計たちの波紋』(2004年)、『あなたが、いなかった、あなた』(2007年)、中篇『顔のない裸体たち』(2006年)を刊行。

☆2006年から『新潮』で連載した『決壊』以降は、『ドーン』(2009年)、『かたちだけの愛』(2010年)、『空白を満たしなさい』(2012年)などの長編を執筆している。2012年には、「分人主義」の考え方をまとめた新書『私とは何か――「個人」から「分人」へ』も刊行されています。

☆2005年、文化庁の文化大使に任命されフランスに1年間滞在。2008年にモデルの春香と2年間の交際を経て結婚。明治神宮にて挙式を行いました。同年、三島由紀夫賞選考委員に最年少で就任、『決壊』で織田作之助賞候補。2009年、『決壊』で芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞、『ドーン』でBunkamuraドゥマゴ文学賞受賞(島田雅彦選考委員)。

-芸能

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.