google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

その他

GSOMIA、条件付き延長!ネットの反応は炎上!対話進む間はWTO手続き停止!

投稿日:


11月23日、GSOMIAについて、韓国大統領府のキム・ユグン(金有根)国家安保室第1次長は22日午後6時から記者会見を開き、日本政府に協定を終了するとした通告の効力を停止すると公表しました。

韓国政府は、まず日本側が輸出管理で前向きな姿勢に変わるべきだと主張する一方で、ぎりぎりまで外交努力を続ける考えを強調していましたが、GSOMIA破棄を延長する事になりました。

日本が韓国向けの半導体の原材料など3品目の輸出管理を厳しくした措置について、日韓両政府の間で対話が正常に進んでいる間はWTO提訴の手続きを停止するとも発表しています。

GSOMIA失効回避、条件付き延長!の反応

9月24日、虎ノ門ニュースに松木國俊さんが出演され韓国批評を行い話題になっています。

北朝鮮の最新露製イスカンデルに対し米国が文句言わないということは在韓米軍を引き上げることが織り込み済みという考えを示しました。

GSOMIAの破棄に対しては、韓国の情報を信じられない逆に日本の情報が北に流れる可能性もあるとコメントしました。

松木國俊、虎ノ門ニュースで話題に!の反応

松木國俊とは


松木 国俊(まつき くにとし)

☆生誕
1950年(昭和25年)
熊本県
☆出身校
慶應義塾大学法学部政治学科
☆職業
実業家、朝鮮問題研究家

熊本県生まれ、1973年(昭和48年)、慶應義塾大学法学部政治学科卒業、豊田通商入社しています。

同社ソウル事務所駐在(1980年(昭和55年)- 1984年(昭和59年))の後、2000年(平成12年)に退社・独立。

翌2001年、「松木商事」を設立(自営)しました。

単著
☆松木國俊『「従軍慰安婦」強制連行はなかった――政府調査資料が明かす河野談話のウソ この一冊でいわゆる「従軍慰安婦」問題の全てがわかるQ&A』明成社、2011年1月15日。
☆松木国俊『ほんとうは、「日韓併合」が韓国を救った!』ワック、2011年9月。
☆松木國俊『ほんとうは、「日韓併合」が韓国を救った!』ワック〈WAC BUNKO B-186〉、2013年10月、新版。
☆松木國俊『こうして捏造された韓国「千年の恨み」』ワック〈WAC BUNKO B-198〉、2014年6月13日。
☆松木國俊『韓国よ、「敵」を誤るな!』ワック、2016年6月。
☆松木國俊『日本が忘れ韓国が隠したがる本当は素晴らしかった韓国の歴史』ハート出版、2017年11月。

記事
☆松木國俊「ダイヤモンドを買った慰安婦」『歴史通』第31号、ワック、2014年7月、 192-207頁。
☆松木国俊「朝日新聞がこよなく愛した「従軍慰安婦」」『WiLL』第117号、ワック、2014年9月、 46-61頁。
☆松木國俊「朝日は全国民の前に土下座せよ」『WiLL』第118号、ワック、2014年10月、 74-77頁。
☆松木國俊「噓と詭弁の韓国式交渉術」『WiLL』第135号、ワック、2016年3月、 53-57頁。
☆松木國俊「若者の叫びを聞け! 就職落ちた、韓国死ね! (総力特集 韓国 大動乱)」『Will』第146号、ワック、2017年2月、 92-99頁。
☆松木國俊「墓穴を掘って、なお懲りないコリアン根性」『Will』第147号、ワック、2017年3月、 207-213頁。
☆松木國俊「財閥解体で韓国経済は沈没 (韓国新大統領)」『Will』第151号、ワック、2017年7月、 234-237頁。

-その他

Copyright© サイネタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.