google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

その他

首里城炎上、出火原因は?天井裏の電気、放火、タバコなど情報が混乱も消防から発表なし!

投稿日:


10月31日、那覇市首里当蔵町にある「首里城」から煙が上がっていると消防に通報が入り、消防車30台が出て消火にあたっていますが、この火災で城の中心的な建物の「正殿」のほか、「北殿」や「南殿」も炎上し全焼しました。

発生から6時間余りがたち、火の勢いはおさまりつつあるものの、現在も「正殿」の西側にある「奉神門」が燃えており消火活動は続いています。

那覇市消防局は、午前8時から現場の首里城公園で会見を行いました。

午前2時41分に民間の警備会社から「首里城の『正殿』に設置された火災報知設備が反応し、確認したところ煙が見える」という通報が消防に入り、消火活動しましたが、これまでに首里城の「正殿」や「北殿」など6棟、合わせて4200平方メートルが焼失したそうです。

出火原因については報告はありませんでした。

首里城炎上、出火原因は?

首里城、火災発生!の反応

首里城とは


首里城(しゅりじょう)
沖縄県那覇市首里金城町にあり、かつて海外貿易の拠点であった那覇港を見下ろす丘陵地にあったグスク(御城)の城趾で、現在は国営沖縄記念公園の首里城地区(通称・首里城公園)として都市公園となっており、一般財団法人沖縄美ら島財団が管理を行っています。

1992年(平成4年)11月2日には正殿を中心とする建築物群、そこへ至る門の数々と城郭が再建され首里城公園が開園しました。現在は、首里城を中心とした一帯が首里城公園として整備・公開がすすめられており、正殿の裏側にあたる城郭や建築物群の再建事業も引き続き行われています。2000年(平成12年)には「首里城跡」(しゅりじょうあと)として他のグスクなどとともに「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の名称で世界遺産に登録され、2006年(平成18年)4月6日、日本100名城(100番)に選定されました。
2019年10月31日未明、首里城正殿にて大規模な火災が発生しています。

☆別名
百浦添、御百浦添、御城(ウグシク)
☆城郭構造
山城
☆天守構造
なかったと推測
☆築城主
不明
☆築城年
14世紀末(推定)
☆主な改修者
尚巴志
☆主な城主
第一尚氏、第二尚氏
☆廃城年
1879年(明治12年)(首里城明け渡しの年)
☆遺構
石門、石垣
☆指定文化財
国の史跡
世界遺産(琉球王国のグスク及び関連遺産群)
☆再建造物
正殿・門・御嶽・城壁

-その他

Copyright© サイネタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.