google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

スポーツ

ノーブルホームスタジアム水戸、茨城国体!長蛇の列!星稜対智辯和歌山が開幕戦!

投稿日:


9月29日、いきいき茨城ゆめ国体の高校野球公式が開幕します。

硬式は,当該年度の全国高等学校野球選手権大会の準々決勝に進出した8チームと開催県の代表チームなど,12チームで開催されますが開幕カードが星稜対智辯和歌山という事で、ノーブルホームスタジアム水戸は長蛇の列になっています。

ノーブルホームスタジアム水戸、茨城国体!の反応

ノーブルホームスタジアム水戸とは


水戸市民球場(みとしみんきゅうじょう)

☆所在地
茨城県水戸市見川町2256(水戸市総合運動公園内)
☆起工
1979年5月18日
☆開場
1980年3月31日
☆所有者
水戸市
☆管理・運用者
水戸市スポーツ振興協会(指定管理者)
☆グラウンド
内野:クレー舗装
外野:天然芝
☆照明
照明塔:6基
☆使用チーム • 開催試合
茨城アストロプラネッツ(2019年 – )
☆収容能力
20,000人
☆グラウンドデータ
球場規模
両翼:100 m、中堅:122 m
☆駐車場
800台

歴史
☆1980年3月竣工。以来高校野球、社会人野球など茨城県内のアマチュア野球のメイン開催球場として使用されている他、ひたちなか市民球場が完成するまではプロ野球公式戦も幾度か開催され、現在もイースタン・リーグ(二軍)公式戦が年数回開催されています。

☆1994年シーズン中に、スコアボードがパネル式から磁気反転式に改修されました。

☆2017年8月の全国高校野球茨城大会の終了後から、2018年にかけて全面改修が行われました。
主な改修点としては、メインスタンドの耐震補強・屋根の付け替え・外野スタンド改修・スコアボード改修(磁気反転式からフルカラーLEDに改修)・スピードガン装置の設置とグラウンド拡張(両翼100m、中堅122m)しました。

☆2019年の茨城国体の会場となるほか、将来的なプロ野球公式戦誘致を念頭に置いており、この期間中の県大会は土浦市営球場(J:COMスタジアム土浦)などで代替するとしています。

☆2018年6月30日にリニューアルオープン、命名権募集で水戸市内の住宅メーカーノーブルホームがこれを取得し、新名称は「ノーブルホームスタジアム水戸」となりました。この日には栃木県の作新学院を招き、県立水戸商業、常総学院との間で完工記念試合が開催されています。
ベースボール・チャレンジ・リーグで2019年からリーグ戦に参加する茨城アストロプラネッツが公式戦を開催されています。

☆2020年9月8日に千葉ロッテマリーンズが対北海道日本ハムファイターズの1軍公式戦を当球場にて開催する予定であることが2019年7月29日に同球団から発表され、千葉ロッテが水戸で公式戦を行うのは前身球団の大毎オリオンズが1959年5月9日に対阪急ブレーブス戦を堀原運動公園野球場(茨城県営野球場)で開催して以来61年ぶりであり、1軍公式戦としては1992年4月25日に開催された日本ハムファイターズ対オリックス・ブルーウェーブ戦以来28年ぶりとなります。

-スポーツ

Copyright© サイネタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.