google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

その他

堀口七段、放送事故?ヤバイ!動画、画像アリ!謎ポーズ、こけるで午前中に負ける!

更新日:

7月2日、堀口一史七段(44)と藤井聡太七段(16)の間で第78期名人戦順位戦C級1組2回戦が行われ話題になっています。

10時スタートからわずか1時間23分で堀口一史七段が負けてしまった事や対局前の放送事故とも思われる行動に大丈夫と心配する声が多数あがっています。

堀口七段とは


堀口一史座(ほりぐち かずしざ)

・生年月日
1975年2月28日
・プロ入り年月日
1996年4月1日(21歳)
・棋士番号
218
・出身地
東京都
・師匠
伊藤果
・段位
七段

堀口七段は奨励会三段リーグで1位(14勝4敗)の成績を収め1995年度後期にプロ入りします。

デビュー当時は若手棋士の中でも将来が有望視される存在でした。

1996年から2002年までは賞率7割を超す期待通りの騎士でした。

生涯勝率で7割を超える棋士は羽生さんのみですのでどれだけすごい記録かがわかります。

2003年には鬼の棲家といわれるB級1組へ昇級し現役の騎士の半分もあがれない場所に到達します。

そのB級1組には6年間在籍し好成績をおさめていました。

降格した2008年からは急に勝率が落ちてしまいます。

2013年にはとうとう体調を崩し10月には病気という理由で療養のため来期順位戦の欠場を発表しました。

しかしながら2014年6月から公式戦復帰しその年は11勝をあげます。

そこからは成績はさらに急降下し2017年は勝率が3割を切ってしまいました。

病気の詳細は分かりませんが精神的なものではないかと思われます。

精神的な病気といえば先崎九段がうつ病で1年間の休業をされた事があります。

A級1組に在籍した事もある精神的に強いはずの騎士でもうつ病になる事には驚きました。

堀口七段の無気力な将棋や対局前、後の会話や行動を見るとかなり危なく感じてしまいます。

堀口七段の放送事故に近い行動とは


堀口七段は開始10時の3分前にコンビ二の袋を持ち入室します。

そこで、意味不明な笑顔を浮かべ入室してきます。

その後、謎のポーズを数秒決めた後にわざとこけます。

そして記録係に将棋をさそうと言葉をかけた後に今日の相手は藤井君だったと独り言をいいます。

対局が始まりますが、堀口七段は異常な早打ちを始めわずか47手の1時間23分で負けてしまいます。

通常は夜まで時間がかかるのが普通で午前中で終わるという珍しい対局になりました。

藤井七段は持ち時間の消費時間は1時間18分、堀口七段はわずか4分でした。

通常なら終局後、感想戦が行われるはずですが、堀口七段がすぐに退室したため、感想戦はできませんでした。

藤井七段は昼食の出前を頼んでいましたが、その昼食が届く前の終局に苦笑いをするしかない状況でした。

堀口七段のこれから

堀口七段の行動に対して心配する声が多くあがっています。

堀口七段の表情や行動を見ていると危険な感じがします。

ルール的には堀口七段から休業とか言わない限りはこのまま出場されるようです。

堀口七段の体の為と対戦相手の為にも将棋会館は何か手を打つべきでしょう。

-その他

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.