google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

芸能

片田珠美、虚言癖とは?心屋仁之助を斬る!炎上、目をむくのが怖い!

投稿日:

本日のモーニングショーに精神科医の片田珠美さんが出演されています。

昨日の通り魔事件についてのコメントをされていました。

ところが、片田珠美さんの目をむいてしゃべる様子が怖いと炎上しています。

このように目が怖すぎて話が入ってこないとの意見が多くでています。

片田珠美とは

片田珠美(かただ たまみ)

1961年広島県生まれ。精神科医。京都大学非常勤講師。

大阪大学医学部卒業。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。

京都大学博士(人間・環境学)。フランス政府給費留学生としてパリ第八大学でラカン派の精神分析を学ぶ。

臨床経験にもとづき、精神分析的視点から犯罪心理や心の病を研究。

著書に『無差別殺人の精神分析』(新潮社)、『他人を攻撃せずにはいられない人』(PHP新書)、『他人の意見を聞かない人』(角川新書)、『他人の支配から逃げられない人』(ベスト新書)、『賢く「言い返す」技術:人に強くなるコミュニケーション』(三笠書房)他。

2000年から2004年まで人間環境大学人間環境学部で准教授、2004年から2011年まで神戸親和女子大学発達教育学部で教授、をそれぞれ務め、2003年度から2016年度まで京都大学で非常勤講師を務めた。

 

片田珠美さんは高学歴でエリートなのは理解頂けたと思いますが、やはり変わっている方だと思います。

あるコラムに少し怖い内容を書かれているので紹介します。

 ところで現在の私にとって最大のピンチは、「精神医学界の沢尻エリカ」と自称するほどの美貌と豪語しているのに、ネット上では「顔面偏差値23」などと書かれていることだ。

しかし、「チャンスの表の顔には危機と書いてあり、裏側にのみチャンスと記されている」という格言もあるように、チャンスは誰の目にも見えるようなところにころがっているわけではなく、危機の陰に潜んでいる。それに気づいて「災い転じて福となす」ためには、今いる場所でできることから始めるしかないのでは。

片田珠美さんはよく言えばユーモアのある方だと思います。

片田珠美の虚言癖とは

片田珠美さんを検索すると虚言癖と出てきますがこれは本人にそのような事がある訳ではないようです。

自分のついた嘘を真実だと思い込む人という本を出版されておりその内容が、虚言癖の人をテーマにしているだけです。

この本の中では嘘の本質についても書かれており興味深い内容になっています。

嘘は誰でもつく事がありますが、それが法律的、道徳的に問題があるものになってはいけないと注意喚起されています。

人気カウンセラー・心屋仁之助氏に対しても冷静な分析をされています。

結論から言うと彼はカウンセラーでは無く前世という言葉を用いる新興宗教に近い存在ではと言われています。

相談者やテレビの視聴者が言って欲しい事を察知する能力は高いのでうけがいいだけのようです。

片田珠美さんは、テレでの表情はおいといてまともな精神学者である事は間違いないでしょう。

片田珠美のこれから


片田珠美さんを知る為にまずはコラムを出されているので目を通してみるのがいでしょう。

そこで興味が出れば本も出版されていますのでそちらも読んでみて下さい。

今後も顔の表情でいじられそうなので個人的にはテレビは出ない方がいいかなと思います。

-芸能

Copyright© サイネタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.