google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

芸能

遠藤さくらは大同高校?乃木坂46、4期生のブログトップバッター!

投稿日:

https://mdpr.jp 引用

乃木坂46 4期生遠藤さくらさん
のブログが初公開されました。

遠藤さくらさんは4期生の中で一
番かわいくて早くも次のセンター
候補に名前があがる程の評判にな
っています。

4期生は11名で坂道グループの
オーデションは129182人中
39人の合格者n狭き門を見事
通過した一人が遠藤さくらさんに
なります。

昨年12月に4期生のお見立て会
でも一番目立つ存在でした。

遠藤さくらさんはどのような方な
のか紹介していきましょう。

遠藤さくらの初ブログ

それでは遠藤さくらさんの初ブログを
紹介していきます。

高校3年生らしい自己紹介ですが
トップバッターという事で期待の
高さを感じます。

遠藤さくらの4期生初公演

遠藤さくらさんの4期生は3人の
プリンシパルで初公演を行いま
した。

『16人のプリンシパル』と銘打たれて2012年に始まった乃木坂46の演劇公演『プリンシパル』シリーズは、演技に重点を置く乃木坂46にとって草創期の活動方針を象徴するイベントだった。

2012年から2014年までグループ全体の催しとして行なわれたのちの2017年、当時まだグループ本体に合流する以前の段階にいた3期生単独公演として『プリンシパル』は復活する。

今回の公演はそれを引き継ぎ、やはりまだグループに完全合流していない4期生のみでの開催となった。

『プリンシパル』シリーズの特徴は、二幕構成の第一幕をメンバーたちのオーディションにあて、幕間で観客が投票し、その投票結果を受けて直後の第二幕に上演される芝居のキャストが決められるという、独特の上演形式にある。

第一幕のオーディションは、文字通り二幕目のための演技試験の場であると同時に、舞台後方で他のメンバーの演技を見守っている際の各々の姿まで含めてすべてが「見られる」対象となり、そのメンバーたちの息遣いまでもがコンテンツとして機能する、特有のドキュメンタリー性を帯びている。

さらにこの第一幕は、架空の稽古場や演出家、受験者という舞台設定を背負って上演されるため、その設定自体が虚構、すなわち演劇性を帯びてもいる。『プリンシパル』シリーズが継続的に作り上げてきたのは、そのような虚構とドキュメンタリーをないまぜにする構造である。

その中で、4期生によって行なわれた今回の『3人のプリンシパル』に特徴的だったのは、第一幕における「演じる」ことの重層性だった。

上述のような「架空の受験者たち」という役柄設定のうえで、4期生メンバーたちはまず第二幕で上演する作品『ロミオとジュリエット』の配役に立候補し、各配役のセリフの一部を演じてみせる。

ここまでは従来の『プリンシパル』を踏襲している。

その後、メンバー各人に自己PRの時間が与えられる。

自己PRもこれまでの『プリンシパル』に存在していたものだが、今回ここで一人一人行なわれたPRは、個人としてのフリーなアピールというよりは、あえて「切羽詰まった感情」を作り込んで表現してみせるような趣きがあった。

メンバーそれぞれ、自らのパーソナリティに引きつけた言葉を語りながらも、どこか共通するトーンで感情を昂ぶらせるさまを上演する。

それは「乃木坂46の4期生としてこの舞台に立つ自分」を、半ば演技的に表現しているようでもある。

これはいわば、第一幕前半で立候補た配役のセリフをパフォーマンスしてみせるのとは、また異なる位相の「演じる」である。

パーソナルな心情の吐露までが、あらかじめパブリックに開かれたコンテンツとなって上演されることは、2010年代のグループアイドルの営みにうかがえる大きな特徴である。

その意味で、個々人のパーソナリティ(のようなもの)を虚構の水準で演じてみせるこの自己PRは、今日のグループアイドルという存在をユニークな仕方で比喩的にあらわす時間でもあった。

あるいは、結成当初から乃木坂46が「演技する集団」としてあったことを思えば、そのねらいに最もストレートにアプローチしたのが今回の『プリンシパル』だったといえるかもしれない。

いまや乃木坂46のメンバーは、東宝製作の大劇場ミュージカルをはじめ、舞台演劇で多くの成果を積み重ねる存在としてある。

複数の位相を体現しながらあくまで虚構を「演じる」ことに注力した今年の『3人のプリンシパル』は、その偉大な先輩たちにつづくための第一歩に似つかわしい、タイトな性格の公演だったといえるだろう。

https://realsound.jp 引用

4月9日から21日まで開催され4
期生の皆さんはこの過酷な状況で成
長をされました。

遠藤さくらのこれから

https://www.amazon.co.jp 引用

遠藤さくらさんは愛知の地元大同高
等学校に通われていましたが、今は
都内の高校に天候されています。

遠藤さくらさんは地元アイドルグルー
プSKE48のオーディションも
受けていたようです。

最終的には乃木坂46の強い誘いを
受けて決めたようです。

遠藤さくらさんはポテンシャルの高さ
を認められていますので、すふにトッ
プクラスのアイドルになるでしょう。

-芸能

Copyright© サイネタ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.