google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

その他

剣璽等承継の儀、時間と中継は?天皇即位の今日のスケジュール紹介!

更新日:

https://www.nikkei.com 引用

本日は皇位継承の儀式の一つである
剣璽等承継の儀が行われます。

皇位継承の儀式は現在の法律の規定
はありません。

登極令(とうきょくれい)は194
7年(昭和22年)5月1日に廃止
されています。

しかし皇位継承の儀式はこの登極令
に基づいて行われています。

登極令が廃止されてから即位された
のは、現在の今上天皇のみですが
前回も登極令に基づいて皇位継承の
儀式は行われています。

剣璽等承継の儀とは

https://ja.wikipedia.org 引用

剣璽等承継(けんじとうしょうけい
)の儀が、本日10時30分から行
われる予定になっています。

前回は昭和天皇の崩御に伴い、皇室
は喪に服する中で行われました。

1989年(昭和64年)1月7日
に行われています。

剣璽等承継の儀とはどのようなもの
なのか紹介します。

剣璽動座
戦前は、天皇が皇居(宮城)を一日以上離れる場合に、必ず侍従が捧げ持ち随行した。

これを剣璽動座という。しかし、第二次世界大戦後に「皇位神聖否定」の一環としてGHQに中止させられた。

剣璽動座の伝統が復活したのは、第60回式年遷宮の翌年である1974年に昭和天皇が剣璽を伴って神宮を参拝した時である。

その後、天皇の神宮参拝の際には携行されるようになった。

剣璽等承継の儀
剣璽渡御の儀は、天皇が譲位・崩御の後、皇位継承者(皇嗣)が践祚の際に皇位継承の証として剣と璽を受け継ぎ、新天皇となる儀式である。

神体である剣と璽が新帝の下に自ら動くという建前から「渡御」(神・天皇等が「渡る」ことをいう尊敬語)という表現がとられる。

この儀は、新天皇を国民や外国に公にする為の即位の礼とは違い、天皇崩御の直後に行われる。

桓武天皇の時代に定められた儀式(初例は平城天皇)とされ、平安時代中期以後は践祚直後の「夜の儀式」として行われた。

1909年(明治42年)に制定され、戦後廃止された登極令(明治42年皇室令第1号)によれば、侍従が「奉仕」して「渡御」する剣と璽及び、内大臣秘書官が捧持する国璽と御璽を内大臣が天皇の前にある机の上に置くことが行われる。

なお、三種の神器のうち神鏡は宮中三殿の賢所の神体であるため、この儀式では動かない。剣璽渡御の儀と同時刻に「賢所の儀」が行われ、賢所で皇祖神天照大神に対し践祚の旨が告げられる。

第125代天皇皇位継承の1989年(昭和64年)1月7日には、日本国憲法の政教分離規定への配慮から「剣璽等承継の儀」とされ、国事行為たる儀式として、剣・璽及び国璽・御璽を侍従長が新天皇の前にある机に置く短い儀式が、皇位継承後まもなく10時01分より宮殿の正殿松の間で行われ、テレビ中継された。

https://ja.wikipedia.org/ 引用

今回は生前退位の後になるので前回
と違い雰囲気はかなり変わるのでは
ないかと思われます。

剣璽等承継の儀を含めた本日のスケジュール

https://ja.wikipedia.org 引用

本日は10時すぎより初の公務にな
る閣議決定の認証から始まり後は以
下のスケジュールで進んでいきます

https://news.tv-asahi.co.jp 引用

剣璽等承継の儀は10時30分より
ライブ配信され時間は約10分程度
になると思われます。

皇太子さまが1日の即位後に臨まれる「剣璽等承継(けんじとうしょうけい)の儀」と「即位後朝見(ちょうけん)の儀」は、皇居・宮殿松の間で国事行為として行われる。

前回は昭和天皇の崩御に伴い、皇室は喪に服する中での儀式だったが、譲位に基づく今回は、勲章を着用された正装姿の「晴れの儀式」として執り行われる。

1日午前10時半には剣璽等承継の儀に臨まれる。歴代天皇に伝わる三種の神器のうち天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)の複製品と八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、公務で使われる天皇の印「御璽(ぎょじ)」、国の印章「国璽(こくじ)」が、「案(あん)」と呼ばれる台の上に安置される。

皇室から参列されるのは、平成の代替わりを踏襲し、皇位継承資格のある成人の男性皇族のみとなる。

上皇となる天皇陛下は皇位継承資格を持たないため出席されない。

皇嗣(こうし)となる秋篠宮さまと常陸宮さまが出席される見通し。

新たに即位した天皇陛下と男性皇族方は燕尾(えんび)服に勲章を着用した正装で臨まれる。

剣璽等承継の儀に合わせて、皇祖神の天照大神(あまてらすおおみかみ)を祭る皇居・宮中三殿の賢所(かしこどころ)では皇室の儀式「賢所の儀」が行われ、掌典長が代拝する。関係者によると、賢所にあるもう一つの三種の神器「八咫鏡(やたのかがみ)」を継承される意味がある。

続いて午前11時10分から、宮殿松の間で、即位した天皇陛下が初めて国民の代表らと面会する即位後朝見の儀が行われ、初めてお言葉を述べられる。

この儀式には皇后となる皇太子妃雅子さまや、女性皇族方も出席される。

平成の際は、崩御した昭和天皇に弔意を示す黒いドレス姿だったが、今回は新年の祝賀行事などと同様、白または淡色のロングドレスに勲章を着用される。

https://www.sankei.com 引用

ちなみに三種の神器の相続について
は17年6月に成立した特例法により
非課税となっています。

剣璽等承継の儀を含めた今後のスケジュール

https://headlines.yahoo.co.jp 引用

皇位継承には三つのステージがあります。
1. 皇位の証である三種の神器を受け継ぐ儀式
剣璽等承継の儀(2019年5月1日)

2. 即位した事を内外に示す即位式
即位礼正殿の儀(2019年10月22日)

3. 即位した天皇が、即位後初めて五穀豊穣を神に感謝する新嘗祭
大嘗祭(2019年11月14日、15日)

皇太子さまが1日の即位後に臨まれる「剣璽等承継(けんじとうしょうけい)の儀」と「即位後朝見(ちょうけん)の儀」は、皇居・宮殿松の間で国事行為として行われる。

前回は昭和天皇の崩御に伴い、皇室は喪に服する中での儀式だったが、譲位に基づく今回は、勲章を着用された正装姿の「晴れの儀式」として執り行われる。

1日午前10時半には剣璽等承継の儀に臨まれる。歴代天皇に伝わる三種の神器のうち天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)の複製品と八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、公務で使われる天皇の印「御璽(ぎょじ)」、国の印章「国璽(こくじ)」が、「案(あん)」と呼ばれる台の上に安置される。

皇室から参列されるのは、平成の代替わりを踏襲し、皇位継承資格のある成人の男性皇族のみとなる。

上皇となる天皇陛下は皇位継承資格を持たないため出席されない。

皇嗣(こうし)となる秋篠宮さまと常陸宮さまが出席される見通し。

新たに即位した天皇陛下と男性皇族方は燕尾(えんび)服に勲章を着用した正装で臨まれる。

剣璽等承継の儀に合わせて、皇祖神の天照大神(あまてらすおおみかみ)を祭る皇居・宮中三殿の賢所(かしこどころ)では皇室の儀式「賢所の儀」が行われ、掌典長が代拝する。関係者によると、賢所にあるもう一つの三種の神器「八咫鏡(やたのかがみ)」を継承される意味がある。

続いて午前11時10分から、宮殿松の間で、即位した天皇陛下が初めて国民の代表らと面会する即位後朝見の儀が行われ、初めてお言葉を述べられる。

この儀式には皇后となる皇太子妃雅子さまや、女性皇族方も出席される。

平成の際は、崩御した昭和天皇に弔意を示す黒いドレス姿だったが、今回は新年の祝賀行事などと同様、白または淡色のロングドレスに勲章を着用される。

https://www.sankei.com 引用

即位後朝見の儀を含めた今後のスケジュール

https://headlines.yahoo.co.jp 引用

皇位継承には三つのステージがあります。
1. 皇位の証である三種の神器を受け継ぐ儀式
剣璽等承継の儀(2019年5月1日)
即位後朝見の儀(2019年5月1日)

2. 即位した事を内外に示す即位式
即位礼正殿の儀(2019年10月22日)

3. 即位した天皇が、即位後初めて五穀豊穣を神に感謝する新嘗祭
大嘗祭(2019年11月14日、15日)

5月1日、新天皇陛下が即位した。当日は皇位のしるしとされる神器などを引き継ぐ「剣璽等承継(けんじとうしょうけい)の儀」、新天皇陛下から国民に向けた最初の「おことば」がある「即位後朝見の儀」が開かれる。

4日にはさっそく、皇居で即位を祝う一般参賀が開催され、新皇后の雅子さまや皇族方と宮殿・長和殿のベランダに立ち、集まった人々の祝意に応える。上皇さま、上皇后さまは出席しない。新天皇陛下のおことばも検討され、何が語られるかが注目される。

25~28日にはトランプ米大統領が来日する。新天皇の即位後、最初に迎える国賓となり、歓迎行事や新天皇陛下との会見、宮中晩餐(ばんさん)会が開かれる。

天皇の定例地方訪問「三大行幸啓」は、代替わり後は国民文化祭が加わって「四大行幸啓」となる。6月の全国植樹祭(愛知県)を皮切りに、9月に全国豊かな海づくり大会(秋田県)と国民体育大会(茨城県)、秋に国民文化祭(新潟県)が予定されている。

皇嗣(こうし)となった秋篠宮さまは、皇嗣妃・紀子さまと5月18日に鳥取市で開かれる第30回全国「みどりの愛護」のつどいに出席する。新天皇ご夫妻から引き継いだ行事のひとつだ。

また、秋篠宮ご夫妻は6月下旬~7月上旬、ポーランドとフィンランドを公式訪問する。外交関係樹立100周年の記念行事に出席する予定で、5月の代替わり後、皇室として最初の海外訪問となる。

秋篠宮家の長女眞子さまは7月中旬、日本人移住120周年を迎える南米のペルーとボリビアを訪問する。国際基督教大学を卒業した次女佳子さまも本格的に公務に取り組む予定で、姉妹で両親を支えていく。

9月にはラグビーワールドカップ日本大会が開幕する。秋篠宮さまが名誉総裁として各国代表を出迎える。

10月22日には天皇即位を宣言する「即位礼正殿の儀」が開かれ、新天皇、新皇后両陛下が各国要人と対面する。この日には両陛下がパレードする「祝賀御列(おんれつ)の儀」も予定され、両陛下を乗せたトヨタの最高級車「センチュリー」のオープンカーが公道を走る。

11月14日から15日にかけては、新天皇が新穀を神々に供え五穀豊穣(ごこくほうじょう)などを祈る儀式「大嘗祭(だいじょうさい)」の中核行事「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」がある。

2020年も大きな行事が続く。4月には秋篠宮さまが、皇太子と同様の立場であることを内外に示す「立皇嗣(りっこうし)宣明の儀」が行われる。7月に開幕する東京五輪、続く東京パラリンピックには新天皇陛下が大会の名誉総裁に就任する見通し。皇族方も各競技の観戦に訪れる予定だ。

新天皇陛下はこれから多忙な日々を
過ごされる事になります。

-その他

Copyright© サイネタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.