google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

交通情報

相武台前駅、人身事故で運転見合わせ!振替輸送実施!運転再開は10時20分頃の予定!

投稿日:


12月7日、9時07分に、相武台前駅で人身事故が発生したため、相模大野駅~海老名駅間は運転を見合わせており、振替輸送を実施しています。

運転再開見込みは10時20分頃の予定です。

振替輸送
☆JR中央線(東京~八王子)
☆JR山手線(全線)
☆JR東海道線(東京~小田原)
☆横須賀線(品川~横浜)
☆JR南武線(全線)
☆JR横浜線(全線)
☆JR相模線(全線)
☆JR根岸線(全線)
☆JR御殿場線(国府津~松田)
☆東京メトロ(全線)
☆京王(全線)
☆東急(全線)
☆相鉄(全線)
☆横浜市営地下鉄(湘南台~戸塚)
☆大雄山(全線)
☆江ノ電(藤沢~江ノ島)
☆多摩都市モノレール(多摩センター~立川北)
☆都営地下鉄(全線)

相武台前駅、人身事故で運転見合わせ!の反応

相武台前駅とは


相武台前駅(そうぶだいまええき)
駅所在地が「高座郡座間村」であったことから、「座間駅」として開業。その後、「陸軍士官学校本科」が座間村に移転されたのに伴い、「士官学校前」に改称されました(なお、「座間村」は士官学校の移転で「座間町」に町制施行した)。その後、昭和天皇が「士官学校」の別名として「相武台」と命名し、駅名も「相武台前」と改称されています。

☆所在地
神奈川県座間市相武台一丁目33番1号
☆所属事業者
小田急電鉄
☆所属路線
小田原線
☆キロ程
36.9km(新宿起点)
☆駅構造
地上駅(橋上駅)
☆ホーム
2面4線
☆乗降人員
-統計年度-
40,372人/日
-2018年-
☆開業年月日
1927年(昭和2年)4月1日*
☆備考
* 座間駅として開業。
1937年 士官学校前駅に改称。
1941年 相武台前駅に改称。

利用状況
☆小田急電鉄 – 2018年度の1日平均乗降人員は40,372人です。

☆小田急線全70駅中29位。座間市と相模原市の市境付近に位置するため、両市の市民が利用します。

歴史
☆1970年(昭和45年)7月 – 相武台前駅橋上駅舎化、供用開始。
☆1971年(昭和46年)4月16日 – 相武台前駅駅ビル落成。
☆1972年(昭和47年)12月1日 – 相武台前駅南口完成。
☆1999年(平成11年)7月17日 – 一部急行の停車を廃止し、急行は全列車通過となる。
☆2001年(平成13年)3月 – 南北出口および改札階 – ホーム階のエレベーター供用開始(これに伴い駅舎の増築工事を行う)。
☆2004年(平成16年)12月11日 – 区間準急が設定され、停車駅となる。
☆2009年(平成21年)2月25日 – 行先案内表示器が設置され、使用を開始。
☆2013年(平成25年)7月3日 – 駅ビル(現:小田急マルシェ相武台)の建て替えを行い、リニューアルオープン
☆2018年(平成30年)3月17日 – 当駅終着列車の設定がなくなる。

-交通情報

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.