google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

芸能

会田誠、立憲民主党の憲法調査会でヒアリング実施に出席!「日本は文化的な二流国家に落ちちゃったな、と外国にみられる…」

投稿日:


12月6日、立憲民主党は第41回憲法調査会において、「表現の自由の萎縮を懸念する芸術関係者からのヒアリング」を衆議院第二議員会館で行いました。

この日のヒアリングでは、「あいちトリエンナーレ2019(以下、あいトリ)」芸術監督・津田大介さんや「JAPAN UNLIMITED」参加作家の会田誠さんが出席しています。

会田誠さんは「日本は文化的な二流国家に落ちちゃったな、と外国にみられる…」とコメントとし多くの批判を受けています。

会田誠、立憲民主党の憲法調査会でヒアリング実施に出席!の反応

会田誠とは


会田 誠(あいだ まこと)

☆生誕
1965年10月4日
日本 新潟県新潟市
☆出身校
東京芸術大学
☆職業
美術家

論争・訴訟
☆2012年12月に森美術館で開催された個展「会田誠展: 天才でごめんなさい」の際に、性暴力に反対する市民団体が、児童ポルノで性的虐待を肯定する表現として、公共空間である美術館で展示することを問題視しています。米国の法務研究者であるダグラス・マクレーンは、「欧米ではこのような女性やこどもへの暴力を賛美するような絵が美術館で公開されることはほぼ無く、国によって法律は異なるが、仮に違法でなくとも展示が避けられるのは、このような絵の展示は性暴力を正当化するという市民の共通の認識があるからだ」と森美術館の展示を厳しく批判しています。

☆2018年4月から6月に京都造形大・東京藝術学舎で開かれた全五回別々の講師が来る社会人向け「ヌードを通して、芸術作品の見方を身につける」という公開講座を受講していた女性が、5月15日の第三回ゲスト講師会田の講義も受講しました。しかし、女性によると酒に酔ったような状態で現れた会田の講義は、涙を流した少女がレイプされた絵、全裸の女性が排泄している絵、四肢を切断された女性が犬の格好をしている絵、AV女優がゴキブリとセックスしている写真などをスクリーンに映し出すという内容で、「デッサンに来たモデルをズリネタにした」と笑いながら述べるなど下ネタを話しつづけた事に対し女性側は急性ストレス障害の診断を受けています。

「作家の作品の是非や、セクハラ言動そのものでなく、そうした環境を作り出したことに問題があった」と批判しましたが、「(会田と被害者女性が)お互い関わり合いを持つことをやめる」という項目の要望が大学側からあり、交渉が決裂しています。

-芸能

Copyright© サイネタ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.