google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

健康

北京で肺ペスト発生、感染力強く致死性も!ペストの中で最も悪性の形態!

投稿日:


11月12日、中国・北京市の病院で、患者2人が肺ペストと診断された。病院のある区の当局がウェブサイトで公表しました。

当局によれば、患者らは同国北部の内モンゴル自治区の出身で、現在は北京市内の病院で治療を受け予防・管理措置が取られています。

北京で肺ペスト発生、感染力強く致死性も!の反応

肺ペストは一般的な腺ペストよりも危険性が高く、また、極めて感染力が強く、人から人へ飛沫(ひまつ)感染し、深刻な流行を引き起こす可能性があります。

症状としては、発熱、悪寒、嘔吐(おうと)、吐き気と風邪の症状とにていますが、肺ペストですと早期の治療が必要になりますので、早めに医師に診断してもらうべきでしょう。

北京で肺ペスト発生、ペストとは


ペスト
☆日本では感染症法により一類感染症に指定されており、ペストは元々齧歯類(特にクマネズミ)に流行した病気で、人間に先立ってネズミなどの間に流行が見られることが多くあります。

☆かつては高い致死性を持っていたことや罹患すると皮膚が黒くなることから黒死病と呼ばれ、恐れられました。世界史に数次の全地球規模の流行が記録されており、特に14世紀の大流行は、世界人口を4億5000万人から3億5000万人にまで減少させています。

予防
☆感染の予防策としてはペスト菌を保有するノミや、ノミの宿主となるネズミの駆除
☆腺ペスト患者の体液に触れない
☆患者部屋への立ち入りを制限
☆患者の 2メートル以内に接近する場合。マスク、眼用保護具、ガウン、手袋の着用
☆テトラサイクリン、ドキシサイクリン、ST合剤の予防内服

文芸作品
☆ジョヴァンニ・ボッカッチョ 『デカメロン』(1349-51年) – 1348年のペストを題材とする
☆死の舞踏 (美術) – 14世紀頃のペスト流行をきっかけとして成立
☆シェイクスピア 『ロミオとジュリエット』(1595年頃) – 作中でペストが重要な役割を持つ
☆アルベール・カミュ 『ペスト』(1947年) – アルジェリアでペストが大流行する設定の小説
☆西村寿行 『滅びの笛』(1976年)、『滅びの宴』(1980年) – 日本でペスト菌を持つ鼠が大発生する設定の小説
☆ダン・ブラウン 『インフェルノ』(2013年)
☆朱戸アオ 『リウーを待ちながら』(講談社, イブニング, 2017-2018年) – 日本でペストのパンデミックが起こるという漫画

-健康

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.