google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

芸能

KAZMAX容疑者、逮捕!合成麻薬のMDMAを使用の疑い!動画アリ!110番通報が入る!

投稿日:


11月10日、東京都内近郊でMDMAを使った麻薬取締法違反の疑いで、吉澤和真容疑者(30)が逮捕されました。

吉澤和真容疑者は、金融トレーダーで「KAZMAX」として活動していました。

吉澤容疑者は、金融トレーダーの「KAZMAX」として、オンラインサロンを運営していて、調べに対し、誰かに飲まされたとして容疑を否認しているようです。

KAZMAX容疑者、逮捕!の反応

11月10日、午前4時前、渋谷区円山町のクラブにいた男性から、「和真という人が薬物を所持している情報がある」との110番通報があり、駆けつけた警察官が、吉澤容疑者を呼び止めて検査したところ、MDMAの陽性反応が出たため、逮捕になったようです。

KAZMAX容疑者、逮捕!MDMAとは


メチレンジオキシメタンフェタミン
☆MDMAは、俗にエクスタシー(Ecstacy)と呼ばれ、英語圏では21世紀初頭には本来の高揚感の意味と同じように定着しています。初期の娯楽的な使用のための提供者は、作用を適切に説明するエンパシー(Empathy、共感の意味)と呼んだが、後に潜在的な顧客により訴えかけるために「エクスタシー」に決めています。

☆日本では、丸い錠剤が多いことから玉(たま)、またXから転じてバツ、ペケの俗称を持ちます。

日本での規制
☆日本では、麻薬及び向精神薬取締法によって規制されています。 MDMAの輸入、輸出、製造は1年以上10年以下の懲役。譲受け、譲渡し、所持は7年以下の懲役。施用(しよう、経口摂取など、身体に用いること)は7年以下の懲役となります。 研究目的で同薬物を精製ないし使用する際には麻薬及び向精神薬取締法第2条第8項に規定される麻薬研究者の免許が必要です。

☆2019年4月16日、麻薬研究者の免許が無いにも拘らず学生に同薬物を精製させたとして、松山大学の教授および指示により精製にあたった学生らが書類送検されました。

副作用
☆議論の中心はMDMAに脳損傷を引き起こす神経毒性があるかどうかであります。動物実験ではヒトでの娯楽的な薬物としての使用よりもはるかに多い使用量で生じることが見いだされており、感情や記憶の障害を含む器質的な損傷や、精神医学的な損傷を報告していますが、頻繁に欠陥のある研究手法、疑わしいデータの解析、偏った結論から引き出されています。

☆定期的なエクスタシーの使用者に関する報告が否定的な影響を示唆しているが、エクスタシー錠剤にはMDMA以外の薬物が含まれ、またそうした使用者はエクスタシー以外の多剤を乱用しているため、MDMAが特異的な原因となっているのかは不明確です。

死亡
☆日本では、2010年に東京23区内で死亡した死因不明の異状死が司法解剖された、5年間で計13,499名の調査があります。2006年から2010年の5年間でMDMA6件、比較のために挙げると、多いものは、医薬品3,337件で睡眠薬や精神科の薬が多く、アルコールは3,018件です。

-芸能

Copyright© サイネタ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.