google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

その他

英語民間試験、来年4月からの実施見送り!身の丈に合わせて勝負してもらえれば発言!

更新日:


11月1日、2020年度から始まる大学入学共通テストで導入される英語民間試験について、文部科学省が実施を見送る方針を固めたことが判明しました。

居住地や家庭の経済状況による受験機会の格差や公平性への懸念が消えず、受験生らの理解を得るのは難しいと判断したようです。

10月24日、野党は実施を延期する法案を衆院に提出ました。同日、萩生田光一文科相は、テレビ番組で「身の丈に合わせて頑張って」と発言し、幅広い層の反発を受けました。萩生田文科相は、28日にこの発言を撤回して謝罪し、真意について「どのような環境下の受験生も自分の力を最大限発揮できるよう、自分の都合に合わせて適切な機会を」ということであったと釈明しています。

英語民間試験、来年4月からの実施見送り!の反応

英語民間試験、来年4月からの実施見送り!萩生田光一文科相とは


萩生田 光一(はぎうだ こういち)

☆生年月日
1963年8月31日
☆出生地
東京都八王子市
☆出身校
明治大学商学部
☆前職
八王子市議会議員秘書
八王子市議会議員
東京都議会議員
☆現職
文部科学大臣
教育再生担当大臣
衆議院議員
☆所属政党
自由民主党(細田派)
☆称号
商学士(明治大学)

☆第25代 文部科学大臣
内閣
第4次安倍第2次改造内閣
在任期間
2019年9月11日 – 現職

☆ 衆議院議員
選挙区
東京24区
当選回数
5回
在任期間
2003年11月10日 – 2009年7月21日
2012年12月18日 – 現職

☆東京都議会議員
選挙区
八王子市選挙区
当選回数
1回
在任期間
2001年 – 2003年

☆八王子市議会議員
当選回数
3回
在任期間
1991年 – 2001年

内政の諸政策
☆自民党の「カジノ・エンターテイメント検討小委員会」の事務総長を務めており、カジノの合法化を推進している。カジノが合法化された場合、カジノ店のスロットは直接換金できるがパチンコ店のスロットは直接換金できない状態を並立させないため、パチンコホール直接換金のルールの制定もあわせて主張している。

☆2030年代までに日本の原子力発電所の稼働数をゼロにする「原発ゼロ」政策に反対。

☆参議院議員森裕子が被災者生活再建支援法の一部を改正する法律案を発議した翌日の2007年11月1日、衆議院において他自公議員4名とともに被災者生活再建支援法の改正法案を提出した。被災して全壊した世帯に100万円、大規模半壊の世帯には50万円を罹災証明書に基づいて一括支給する制度を制定した。

☆受動喫煙防止を目的に飲食店などの建物内を原則禁煙とする健康増進法改正案に反対。2017年に厚生労働省が法案を提出にした際には強く抵抗した。

-その他

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.