google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

芸能

精子提供ボランティア、とくダネで話題!放送事故?匿名ボランティアの名前を放送してしまう?

投稿日:

10月24日、とくダネで<古市憲寿の1パーセントの社会学>妻子に秘密で…精子を無償提供する男性 が放送され話題になっています。

小学生の子供を抱えながら、妻には秘密で精子提供を続けている男性は、提供して産まれた子供やその夫婦にも会うことがあるそうですが、自分の子供だという考えは特にないとコメントしています。

精子提供によって誕生した15人の子どもに対する深い思い入れはなく、ボランティア活動と捉えているそうです。

無償で精子を提供している26歳男性は、精子提供を始めて4年で、生まれた子供の数は40人を超えるどうです。

活動を告げたとき、妻は泣き出し反対したそうですが、妻との間に生まれた4か月の子どもの存在が、男性の心境に変化を与え現在は新規受け入れをやめているそうです。

精子提供、とくダネで話題に!の反応

精子提供、とくダネで話題に!スタジオでは


慶應義塾大学・医学部・産婦人科・田中守教授のコメントは以下の通りです。

ドナーの情報を一切与えないということでやっているが、将来的に開示される可能性があるとしたところ、ドナーが減少した。
これまで日本国内におけるAIDの症例の半数近くを担っていた慶応義塾大学病院。
将来的に匿名でいられなくなる可能性を精子提供者に伝えたところ、応募する男性の数が激減した。
「出自を知る権利」が世界的に認められ始めた。
そのため、個人で精子を無償提供する人を増加させているのかもしれない。

-芸能

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.