google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

気象情報

田川、氾濫発生!動画アリ!宇都宮駅前があふれる!洪水浸水想定区域に避難勧告発令中!

投稿日:


10月12日、栃木県によりますと田川は午後7時10分ごろに、宇都宮市にある東橋観測所で水位が3メートル71センチとなったほか、上三川町にある明治橋観測所で水位が3メートル55センチとなり、氾濫の危険性が非常に高い「氾濫危険水位」を超えた事を発表しました。

田川、氾濫発生!の反応

田川とは


田川(たがわ)
栃木県日光市を源流とし、宇都宮市、下野市を流れ、同県小山市で田川放水路を経て鬼怒川に合流する一級河川で、旧水路は栃木県小山市から茨城県結城市に至り鬼怒川に合流するが、田川放水路の整備により河川としての実質上の合流点は小山市となっています。

☆水系
一級水系 利根川
☆種別
一級河川
☆延長
77.9 km
☆平均の流量
10 m³/s
☆流域面積
245.8 km²
☆水源
日光市七里
☆水源の標高
550 m
☆河口・合流先
鬼怒川(栃木県小山市)
☆流域
栃木県

治水
田川の氾濫に対する治水事業としては、古来、霞堤の設置による堤防決壊・溢水の防止対策が取られてきました。

近年では台風の被害に対する対策が取られ、逆川から鬼怒川合流部までの区間の台風対策計画は施工が完了しており、今後は逆川上流部および田川支川の武名瀬川、御用川における河道改修工事等が進められることになっていまあす。

一方で宇都宮市街地の拡大など流域の都市化が進むと、降雨時の時間あたり河川流入水量が増大することから、今後は下流部での被害増大も視野に入れた浸水被害対策が必要とされています。

:1947年(昭和22年)9月の洪水
カスリーン台風による洪水。宇都宮観測所で総雨量250mm越えの降雨を観測し、被害は県全域で死者300人超、浸水家屋4万戸超、田畑冠水25,000haに及んだ。

:1986年(昭和61年)8月の洪水
台風10号による洪水。宇都宮観測所で総雨量250mm程度の降雨を観測し、被害は浸水面積46平米、浸水家屋200戸超、田畑冠水で28haの被害を生じた。

:1997年(平成9年)6月の洪水
台風7号による洪水。宇都宮観測所で総雨量150mm超を観測し、35haの浸水被害を生じた。

:1998年(平成10年)8月の洪水
集中豪雨による洪水。宇都宮観測所で総雨量250mmを観測した。81haの浸水被害を生じた。

-気象情報

Copyright© サイネタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.