google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

その他 芸能

新潮社、百田尚樹、夏の騎士ヨイショキャンペーンで炎上!百田先生を気持ちよくさせる企画?

更新日:


10月4日より『夏の騎士』大ヒット記念! 百田先生をヨイショして、図書カードNEXT総額20万円分をプレゼント!企画を新潮社が行っています。

夏の騎士ヨイショ感想文 をつけ、小説『夏の騎士』の感想を投稿し、百田先生に選ばれた20名の方にネットで使える1万円分の図書カードNEXTネットギフトをプレゼントという内容が炎上しています。

新潮社、夏の騎士ヨイショ感想文で炎上!の反応

新潮社、百田尚樹とは


百田 尚樹(ひゃくた なおき)

☆誕生
1956年2月23日
大阪府大阪市
☆職業
放送作家
小説家
☆言語
日本語
☆国籍
日本
☆最終学歴
同志社大学法学部中途退学
☆活動期間
2006年 –
☆代表作
『海賊とよばれた男』(2013年)
『カエルの楽園』(2016年)
主な受賞歴
本屋大賞(2013年)
☆デビュー作
『永遠の0』(2006年)
☆活動期間
放送作家:
1970年代後半 –
小説家:
2006年 –

主張・発言
☆民主党への発言
民主党について、2012年11月11日放送のテレビ番組『たかじんのそこまで言って委員会』において、「息を吐くように嘘をつく」と非難しています]。また、同党の支持母体のひとつである日本教職員組合(日教組)について、2014年6月18日に行われた静岡青年会議所主催の講演会において、「日教組は何十年間も、純粋無垢な子どもたちに贖罪意識を教え込んでおり、まず『日本は素晴らしい』ということを教えなければいけない」「日本人でいることが恥ずかしいと教え込まれた子どもたちは立派な大人になれない」と述べています。

☆憲法改正について
憲法改正について、渡部昇一との対談で「安倍政権では、もっとも大きな政策課題として憲法改正に取り組み、軍隊創設への道筋をつくっていかねばなりません」とコメント。

☆『殉愛』をめぐる係争
2014年、『殉愛』によって名誉毀損やプライバシー侵害をされたとして、やしきたかじんの長女が、出版元の幻冬舎に、出版差し止めと1100万円の損害賠償などを求める訴えを東京地裁に起こしています。

2015年、百田のツイッターにおける発言が「人権侵害にあたる」として、やしきたかじんの長女が東京弁護士会に人権救済を申し立て、申し立てによると、発言は、やしきたかじんの闘病生活を書いた百田の著作「殉愛」の発行差し止めなどを、長女が発行元の幻冬舎に求めた訴訟をめぐるもの。申し立てで長女側は、「発言は自分に対する脅迫であり、提訴に報復するとの宣言だ」としています。

2016年7月、東京地方裁判所は、「百田氏のノートにはあいまいなメモしかない」と指摘し、長女に関する記述は「真実と認められない」として名誉毀損を認めました。その上で、計6カ所の記述が名誉毀損やプライバシーの侵害にあたるとして、幻冬舎にやしきたかじんの長女へ330万円の支払いを命じました。

2017年2月1日に東京高等裁判所で行われた控訴審判決では、更に1か所について名誉毀損にあたる部分があるとして、一審より賠償額を増やし、幻冬舎に対して長女への365万円の支払いを命じています。

-その他, 芸能

Copyright© サイネタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.