google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

健康 芸能

延命治療、あさイチで話題に!遠く離れた親戚が延命治療を要求する!人生会議とは?

投稿日:

9月18日、家族の延命治療 どう決断する?があさイチで放送され話題になっています。

延命治療を決断する場合、本人の意思が尊重されますが、その時点で本人は意思決定能力を失っているケースが多く、本人に代わって家族が決断を委ねられる事になります。

そのようなケースをむかえる前にどのように対策をするかが紹介されました。

延命治療、あさイチで話題に!の反応

いざと言うときがくる前に、本人を含めて前もって話し合っておくことが大切で、人生会議の出席者は、本人・家族・本人のケアを行っている医療や介護の従事者になります。

家族だけで話し合ってもOKで、回数は、何度も繰り返し行うことが重要になります。

そして、話し合った内容は必ず記録に残しておくと、実際に決断するときの参考になります。

延命治療、あさイチ放送の内容

命を長らえるための治療「延命治療」。もし家族が病気や事故などで、回復する見込みがないと医師が判断した場合、あなたは、その決断を迫られるかもしれません。たとえ本人が事前に「延命治療はしない」と意思を示していたとしても、命をめぐる決断だけに家族は迷うもの。また、そのときになって急きょ家族で話し合っても意見の相違から関係悪化や断絶などが起きてしまうことも。
そこで今回は、この「家族の延命治療」についてどのように決断していけばよいのか?そのヒントを経験者のケースをもとに考えました。また、延命治療の決断をする際に行うべきものと国が位置付ける「人生会議(本人の意思を尊重するだけでなく、病状や気持ちの変化に合わせて、何度でも医師や家族がともに話し合う会議)」についても、実際に行われている現場を取材。家族だけで話す命の選択。どんなやりとりが行われ、どのような決断が導きだされるのか、ドキュメントで追体験しました。
本人の意思がわからない場合 どう決断する?
延命治療を決断する場合、本人の意思が尊重されます。しかし、その時点で本人は意思決定能力を失っているケースが多く、本人に代わって家族が決断を委ねられるのです。元気だった頃に本人の意思を聞いていた場合は、その意思を元に医療従事者の説明を聞いて決断しますが、本人の意思を聞いていなかった場合は、医療従事者と家族で話し合い、延命治療の決断に至ります。家族間で合意を得られなかった場合は、さらに複数の医療関係者の説明を聞き、話し合いを繰り返すことが重要です。
家族の心がまえ
延命治療を決断する家族の心の負担は大きいものです。看護師であり僧侶でもある玉置妙憂さんによると、“正解はない”と皆が理解することが大切だと言います。命の終わりに近づいている人の気持ちになれるわけがなく、本人の気持ちの代弁者にはなれません。つまり、正解はだれにもわからないのです。そのことを肝に銘じて話すことが、のちのち皆が納得できる結果につながるそうです。
人生会議
いざと言うときがくる前に、本人を含めて前もって話し合っておくことが大切です。実は今、国も終末期(人生の最終段階)のガイドラインを改訂し、さまざまな立場の人が集まって意見を出し合う「人生会議」が重要だとしています。
出席者は、本人・家族・本人のケアを行っている医療や介護の従事者です。医療を受けていない人は、家族だけで話し合ってもOKです。回数は、何度も繰り返し行うことが重要です。そして、話し合った内容は必ず記録に残しましょう。実際に決断するときの参考になります。

www1.nhk.or.jp/引用

-健康, 芸能

Copyright© サイネタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.