google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

スポーツ

禁止行為、井口監督が退場!動画アリ!選手時代も含めて始めて!嶋田球審への批判で炎上!

更新日:


9月9日、井口監督は現役時代も含めて初めて退場になり話題になっています。

4回1死一塁でグラシアルへの初球が内角高めを突いた際にのけぞるような形でよけたが、嶋田球審が死球と判定を下しています。

この判定に対して井口監督が「スイングではないか」と身ぶり手ぶりで説明を求めたが、判定は覆らず。数分間やり取りがなされた後に嶋田球審が「禁止行為のため井口監督を退場とします」とアナウンスし井口監督は退場になりました。

禁止行為、井口監督が退場!の反応

退場者3名出した試合とは

西武-オリックスは大荒れの一戦に 計3人退場は12年ぶりのプロ野球タイ記録(8月13日)

■4回に大乱闘発生で佐竹コーチが退場、オリ田嶋と西武平良は警告試合の死球で退場
■西武 11-4 オリックス(13日・メットライフ)
13日の西武-オリックス(メットライフドーム)戦は、3人が退場する大荒れの一戦となった。3人退場は史上6度目、1試合での最多タイ記録となった。
試合は序盤から荒れ模様に。4回2死満塁で西武2番手・森脇が若月にチーム3つ目の死球を与えると、オリックスの佐竹一塁コーチャーがマウンドに駆けつけて森脇の胸を両手で突き、大乱闘に。佐竹コーチは暴力行為で退場処分となった。
警告試合となると、直後の5回にはオリックス田嶋が森に押し出し死球を与えて退場に。さらに、9回には西武平良が福田に押し出し死球。退場者は3人となった。
1試合3人退場はプロ野球タイ記録。2007年7月19日のオリックス-ロッテ戦(タフィ・ローズ、ジョン・ディーバス、高橋慶彦が退場)以来、12年ぶりとなった。試合は西武が11-4で勝利した。

https://news.infoseek.co.jp/ 引用

-スポーツ

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.