google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

その他

反日種族主義、韓国でベストセラー!筆者はソウル大学名誉教授イ・ヨンフン!親日狩りで危険?

更新日:


8月13日のモーニングショーで反日種族主義という反日姿勢を批判する本が韓国でベストセラー1位になっていると放送され話題になっています。

韓国のすべての危機の根源は反日主義であって、隠された真実や、紛争の独島、慰安婦問題も今までおは違う視覚で韓国の国秀主義を正面から反論した内容となっています。

親日は悪で反日は善であり、日本だけが悪の種族であると感じるシャーマニズム的世界観に閉じ込められさまよっており、それにより現在の危機が触発されたと解説されています。

反日種族主義、韓国でベストセラー!の反応

親日狩りが本格化して筆者のイ・ヨンフンさんが危ないのではという声もあがっています。

イ・ヨンフンとは


李栄薫(イ・ヨンフン)

李 栄薫(1951年9月10日 – )は大韓民国の経済史学者でソウル大学経済学名誉教授です。

略歴
☆1970年 慶北高等学校卒業
☆ソウル大学校商科大学経済学科卒業
☆1977年-1982年 芝谷書堂漢学5年課程
☆1985年 ソウル大学校商科大学大学院より博士号取得
☆1985年-1989年 韓神大学校経済学科教授
☆1989年-2002年 成均館大学校経済学部教授
☆2008年12月9日-2009年2月27日九州大学韓国研究センター客員教授
☆2002年-2017年2月28日 ソウル大学校社会科学大学経済学部教授(2017年2月28日定年退職)
☆2017年 ソウル大学校名誉教授

評価

韓国
・慰安婦について「従軍慰安婦は売春業」「朝鮮総督府が強制的に慰安婦を動員したと、どの学者が主張しているのか」などの挺身隊関連の発言に対し、韓国挺身隊問題対策協議会から教授職辞任を要求されています。

最終的に元慰安婦に対し、韓国式の土下座(地面に額を押し付け屈服の意を表明する)をした上で謝意を伝えつつ「日本に協力した多くの韓国人がおり、植民地解放以降も女性たちの性の搾取が国家により行われてきたため、それを正すことが必要」との自身の見解を述べたことで、元慰安婦らから罵倒されています。

日本
・永島広紀さんは、李は韓国近代経済史研究におけるトップランナーの一人であり、「かつての民族至上主義的な右派とは明確に一線を画する保守論客」と高く評価しています。

・下川正晴さんは、「いつも本質的な話をする、勇気のある学者」と評し、李の著書『大韓民国の物語』を「韓国に関心のある日本人は、ぜひ読まれた方が良い」と推薦されています。

研究内容
・北朝鮮に対して極めて否定的であり、「民主主義と市場経済に基づく南の国家と、筆者が見たところ韓国史がかつて経験した国家的農奴制の再来に等しい、国家理性の発達水準が支配階級が首都に集住した高麗時代へと後退したようにすら見えると述べ、統一するのであれば、まずは北朝鮮の首領体制が解体される必要があるという見解を述べています。

イ・ヨンフンさんは文政権にとっては邪魔な存在となっていると思われます。

-その他

Copyright© サイネタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.