google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

未分類

上皇后美智子様、早期乳がんで手術へ !宮内庁が発表!静養され9月には手術の予定!

投稿日:

8月9日、宮内庁は上皇后美智子様の左乳腺に悪性を疑いがあり検査の結果、比較的早期の乳がんと診断されたと発表しました。

先月12日の健康診断のエコー検査で、左の乳腺に腫りゅうが見つかり、追加検査として、先月15日に東京大学附属病院でMRI検査を受けられた結果、悪性を疑わせる所見が見られました。

8月下旬の静養後、体力などを見ながら手術を受けられる予定になっています。

上皇后美智子様、早期乳がんの反応

早期発見なので、早く健康になって頂きたいとの声が多くあがっています。

美智子様の経歴

https://ja.wikipedia.org 引用

美智子様のおいたちから結婚までを
紹介します。

1934年(昭和9年)10月20日、日清製粉グループ会長の正田英三郎・冨美(1981年(昭和56年)に富美子と改名した)夫妻の長女として東京府東京市本郷区(現:東京都文京区東部)の東京帝国大学医学部附属病院で誕生。

長野県の軽井沢会テニスコートで開催されたテニスのトーナメント大会にて当時皇太子だった明仁親王と出会う。

テニスコートの誓いにちなんだ「テニスコートの出会い」として知られる。

その後もテニスを通して交際を深めたといわれる。

明仁親王は正田美智子(当時)の写真を「女ともだち」と題して宮内庁職員の文化祭に出品したが、「皇太子妃には旧皇族・華族から選ばれるのが当然」と考えられていた時代であり、誰も彼女を「お妃候補」とは思わなかったようである。

皇太子妃は「皇族(臣籍降下後の旧宮家)か五摂家(伯爵以上)といった特定の旧華族」に属する女性から選ばれるのが習わしとされており、「平民から妃を迎える」ということが考えられなかった時代であり、1958年(昭和33年)の正田美智子嬢入内は、旧皇族・旧華族らに強く反対された。

旧皇族久邇宮家出身で姑ともなる皇后良子(当時)は、夏に、静岡県・御殿場に高松宮妃、秩父宮妃、松平信子らを招き、「東宮様の御縁談について平民からとは怪しからん。」と当時の侍従と数時間懇談し、妃の変更を訴えた。

しかし、11月の皇室会議では、猛反対をしていた秩父宮妃勢津子も賛成し、全員一致で可決した。

旧皇族の梨本伊都子は、明仁親王と正田美智子の婚約発表が行われた同年11月27日付けの日記に、「朝からよい晴にてあたたかし。もうもう朝から御婚約発表でうめつくし、憤慨したり、なさけなく思ったり、色々。日本ももうだめだと考へた。」と記している。

ただ、この結婚に理解を示した自身の義父ともなる昭和天皇の意向もあり、伊都子は以後は表立って批判することはなくなった。

1959年(昭和34年)4月10日、皇太子明仁親王と成婚する。

同日の成婚パレードには、沿道に53万人もの市民が集まった。

お印は夫妻の出会いの場だった軽井沢にちなんで白樺とした。

この出来事からミッチーブームがおこります。

晴れがましいご成婚のパレード・民間での祝福ムードとは対照的に、貴賤結婚であることや選に漏れた他の候補者に北白川肇子など元皇族の令嬢がいたことなどの理由から、一部の皇族・女官に受け入れられず、元皇族・元華族の婦人らからもさまざまな非難を受けたとされる。

美智子妃は1969年に、昭和天皇の侍従入江相政に対し「(香淳皇后は)平民出身として以外に自分に何かお気に入らないことがあるのか」と尋ねたという。

https://ja.wikipedia.org 引用

ちなみに正田醤油は美智子様の実家
の本家筋として知られています。

-未分類

Copyright© サイネタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.