google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

その他

福屋百貨店、被爆建物の屋上から市内の焼け野原を若いカップルが見る!その1年後、復興の写真とは?

投稿日:


撮影日は原爆投下から1年後、広島市内にある福屋百貨店から若いカップルが焼け野原の市内を見ている写真が話題になっています。

福屋百貨店、焼け野原の写真への反応

原爆が投下されてから70年以上になり福屋百貨店が被爆建物である事を知らない広島市民の方も多くなったそうです。

福屋百貨店、焼け野原の写真と1年後復興した写真

福屋百貨店の屋上から取られたこの写真は原爆投下から1年後、1946年8月6日に撮られたものと言われていましたが詳細は不明でした。

最近になりこの写真が福屋百貨店の屋上で、共同通信社の企画として同年の8月5日までに撮影された事が判明しました。

東京大学の渡邉英徳教授が取り組んでいるプロジェクトの一環でカラー化され「72年前の今日。1946年8月6日,広島原爆投下から1年後,広島市内に残る焼け野原を若いカップルが見つめる」とツイートされ1万8千件以上リツイートがあり話題になったそうです。

撮影場所は、福屋百貨店(現・福屋八丁堀本店。広島市中区胡町)でそこから南東方向を俯瞰したものになります。

カップルの頭上には新築の旅館が写っているが、この建物も改築され、いまも飲食店として営業されています。

そして同じ場所から撮影したさらに1年後の写真も邊教授がカラー化しツイートされました。

この写真はアメリカの写真雑誌「LIFE」が撮影したもので、2年後には広島市内が大きく復興しているのがよく分かる写真です。

地図を見て頂くと分かると思いますが原爆ドームまで距離はそんなに離れていません。

福屋百貨店、焼け野原の写真とこれから

カップルの頭上に写る旅館は現在は炭火焼右近という名前で営業されており福屋百貨店の近くになります。

この写真を見て思う事は、戦争の悲惨な事と人の生命力のたくましさになると思います。

この写真が撮影されてから72年以上たちますが、カラー写真にする事で当時のイメージが湧きやすくなっています。

最近、アジアでは香港の暴動や米中間、日韓間、北朝鮮のミサイル発射などいい状況とはいえません。

この写真をみて、戦争のないありがたさをかみしめて生活していかなければと思います。

-その他

Copyright© サイネタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.