google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

その他

ウォン暴落、1ドル1200ウォン突破!金融危機になる可能性は?3度目の通貨危機!

更新日:

8月2日、ホワイト国から韓国除外の閣議決定されました。

韓国の文在寅大統領は、日本の措置は両国関係に対する重大な挑戦だ。利己的な迷惑行為として国際社会から取られることになるだろう。我々は多くの逆境を勝ち抜き今日に至った。困難が予想されるが韓国の国民・企業は克服できる力があるとコメントをしますます日韓関係は泥沼に入ってきています。

このままでは、韓国は3度目の通貨危機におちいる危険性も出てきています。

ウォン暴落への反応

ウォン暴落は日韓関係の回復が無ければこのまま継続する可能性が高いとの声があがっています。

ウォン暴落,3度目の通貨危機の可能性

韓国経済は、厳しい局面へ向かっており対ドルのウォン相場が急落しています。

為替相場は国力のバロメーターと考えると韓国の国力が低下していることを表しています。

韓国は、過去2回も通貨危機に見舞われており、対GDPの輸出依存度の高いことが、世界経済の影響を敏感に受ける体質を形成しており現在の輸出依存度は、約40%となっています。

ウォンは通貨のカナリヤと呼ばれておりその意味は、米中貿易戦争の影響を強く受ける体質にあり、韓国輸出の約4分の1が対中輸出になります。

さらに、全輸出の5分の1は、半導体が占めており、この中国と半導体が、いずれも不振であるという危険な状況になっています。

こういう韓国の輸出構造からウォン相場は、アジア通貨では「カナリヤ」と呼ばれています。

坑道に入って作業する鉱夫の安全管理のためにカナリヤは使われていた過去があり坑内に有毒ガスが発生した場合、カナリヤが最初に反応する事からウォン通貨とカナリアはよく似ていると言われている為です。

韓国は経済次第で政治状況が変わるので、ウォン相場の推移に注目が集めりますので、このまま悪化が続けば反日感情を煽るだけでは与野党は政権を維持できないかもしれません。

韓国は自動車産業、造船業、半導体が経済の柱になっていますがすべて業績は悪化しています。

一番、期待していた半導体も仮想通貨のバブル崩壊により半導体がダブついてサムスンの業績は悪化しています。

過去の通貨危機は1997年の通貨危機、2008年のリーマンショックの時は日本が支援をして危機を乗り越えました。

ただ、文政権の排日姿勢から見て今回は支援をしないのではないかと各国も見ており過去の2回の通貨危機より厳しい状況に追い込まれる可能性もでてきています。

ウォン暴落、1ドル1200ウォン突破のこれから

このままでは、韓国は金融危機から逃れる事は困難になる可能性は高いでしょう。

文政権は排日姿勢を貫くのか、様々な問題に対し日本に妥協してくるのかを選択する形になると思いますが、今からではどちらの選択でも厳しい状況になると思われます。

反日、三羽烏とは!

北挑戦との協力で日本に追いつく!文大統領の決意?

-その他

Copyright© サイネタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.