google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

アニメ

高橋和希,売国政権で炎上?インスタグラムで遊戯王キャラが、政治批判を浴びせる!

投稿日:

7月16日、「遊戯王」の漫画家である高橋和希先生が、インスタグラムにて遊戯王のキャラクターに「売国政権」など政治批判をさせて炎上しています。

日本は元々、有名人に政治の発言をさせるのを好まない風潮にありますが、今回は漫画のキャラクターに批判させた事がより問題視されているようです。

キャラクターには

「本当日本が住みずらくなっちゃった」

「独裁政権、未来は暗黒次元」

と発言させています。

高橋和希さんも

本当に今の売国政権で日本の未来は大丈夫かと思うわ」と政治批判をしています。

高橋和希,売国政権への反応

今回の高橋和希が発信したインスタの内容は極端に見方が2つに分かれています。

一つはよく言ってくれたと擁護する声です。

もう一つはキャラクターに言葉を載せるのはどうかなという意見です。

高橋和希とは


高橋和希(たかはし かずき)
・生誕
1963年10月4日
日本 東京都
・国籍
日本
・職業
漫画家
・活動期間
1981年 – 現在
・ジャンル
少年漫画、バトル漫画
・代表作
『遊☆戯☆王』

幼少時は体が弱く、もっぱら絵を書いて過ごすで、小学生の頃に放映された『タイガーマスク』などのリミテッド・アニメーションの技術を取り入れたアニメに刺激され、写実的な作画よりも適度なデフォルメを取り入れた方に興味を持ちます。

『遊☆戯☆王』は『魔太郎がくる!!』や『ジョジョの奇妙な冒険』などダークな側面を持つ漫画作品の影響を受けており、主人公遊戯の格好は『シザーハンズ』の主人公エドワードのボンテージ・ファッションからでSF映画の影響を大きく受けています。

自分の趣味であるトレーディングカードゲームやテーブルトークRPGなどの互いに対面するゲームを取り上げ、心理的な駆け引きを重点的に描き「ゲームによるバトル漫画」をつくりあげました。

自身を漫画家よりもデザイナーであると称し、漫画のコマを一つのデザインと考えています。

アメコミに対しては強い関心があり、サイモン・ビズリーは好きなアーティストの一人として挙げています。

2000年には長者番付文化人部門で第一位となり所得税納税額4億2000万円になりました。

高橋和希のこれから

高橋和希さんは日本の政治に対し危機感を持っておられるのは確かで、インタビューに対し「誤った集団思想に向かう危険性」について語られていました。

国民が政治に興味を持つ為には著名人の政治への発言や思いを聞ける状況にする事はポイントになるでしょう。

投票率の低い所で選ばれた政治家に対し応援しようと思えないのも仕方かない事と思います。

今回の高橋和希さんの発言は表現はともかく、政治に興味を持つきっかけになればいいと思います。

投票しよう!=VOTEから始めましょう。

-アニメ

Copyright© サイネタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.