google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

その他

小川議員、息子の大学は?炎上!遠回りしてお金をかけて大きくなる!

更新日:

2017年10月、小川勝也参議院議員の長男・小川遥資被告(23)はわいせつな行為をしようとした罪にとわれています。

小川勝也参議院議員のお金をかけて大きくなる発言は正直、驚きました。

小川勝也参議院議員の経歴

小川勝也(おがわ かつや)
・生年月日
1963年7月7日
・出生地
北海道上川郡和寒町西町
・出身校
日本大学法学部
・前職
鳩山邦夫衆議院議員秘書
所属政党
(新進党→)
(旧民主党→)
(民主党→)
(民進党(前原G→))
無所属(立憲民主党会派)
・称号
法学士

小川遥資被告も日本大学の出身です。

●1963年、上川郡和寒町の小さな鉄工所の息子として生まれ、「鍛冶屋のかっちゃん」と親しまれて育つ。
●和寒小学校、和寒中学校、旭川北高校を卒業。
●働き続けで寡黙だった亡父からは「若いうちの苦労は買ってでもしろ」「他人の飯を食え」などの人生訓を通じて、忍耐を学ぶ。
●新聞奨学生として日本大学法学部へ。
●大学で政治研究会に入り、卒業後衆議院議員の秘書となり、政治を学ぶ。
●1995年、32歳の若さで、参議院議員に初当選。(現在4期目)
●参議院総務委員長、民主党・新緑風会政策審議会長、農林水産委員会筆頭理事、予算委員会筆頭理事を歴任。
●政権交代後は内閣総理大臣補佐官となり農山漁村地域活性化を担当。2011年1月に防衛副大臣となり、東日本大震災の救援対策にあたる。2011年9月には参議院農林水産委員長として第1次産業を中心とした施策による「地域活性化」へ全力を投じる。
●現在、参議院農林水産委員会委員、参議院決算委員会委員・オブサーバー、東日本大震災復興特別委員会委員、国民生活・経済に関する調査会委員。
●国会議員サッカーチーム所属。
●一貫して、「環境」「農林水産業」「食」の問題に取り組む。

小川勝議員息子の罪とは

女子中学生にわいせつな行為をしようとし、ケガをさせた罪などに問われた小川勝也参議院議員の長男の初公判が開かれ、長男は一部無罪を主張した。

小川勝也参議院議員の長男で、無職の小川遥資被告は2017年、都内の路上で、女子中学生にわいせつな行為をしようとして背後から口をふさいで転倒させ、ケガをさせた強制わいせつ致傷の罪や、7歳から10歳の5人の女の子に路上でキスをしたり、胸を触ったりした罪などに問われている。

10日の初公判で小川被告は、女子中学生に対する強制わいせつ致傷事件については、「性的目的をもって行ったが、口をふさぐ暴行はしていないし転倒したところを知りません」と無罪を主張した。

一方、他の5人の女の子に対する起訴内容については「間違いありません」と認めた。

検察側は冒頭陳述で「いずれも年少者を狙ったもので、起訴された4つの事件は保釈中の犯行だ」と指摘した。

小川遥資被告のこれから

小川遥資被告には当然の事ながら厳しい意見が多くでています。

小川遥資被告が更生出来る可能性はかなり低いと思います。

まずは、小川議員が考え方を変える方が先のような気がします。

-その他

Copyright© サイネタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.