google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

芸能

全裸監督、特報動画あり!ヤバイ!村西とおるAV帝王を山田孝之!

投稿日:

8月8日(木)から山田孝之さんが主演を演じる、『全裸監督』のキーアートと特報映像が解禁になりました。

全世界へ配信されるNetflixオリジナルシリーズとなっています。

全裸監督のあらすじとは

山田孝之が1980年代に一世を風靡したAV監督・村西とおるにふんするNetflixオリジナルシリーズ「全裸監督」の配信開始日が8月8日に決定し、併せて特報及びキーアートが公開された。

特報では山田演じる村西の「わたしの世界をのぞいてみませんか?」の掛け声を合図に、ネオンが煌めき、札束が舞うバブリーなAV業界が映し出される。

本橋信宏の小説「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)に基づき、巧みな話術と常識にとらわれない発想で80年代を駆け抜けた村西の破天荒な生きざまを、ユーモアを交えて活写した本作。

総監督は『百円の恋』の武正晴。

山田のほか、満島真之介、玉山鉄二、森田望智、柄本時生、伊藤沙莉、冨手麻妙、後藤剛範、吉田鋼太郎、板尾創路、余貴美子、小雪、國村隼、リリー・フランキー、石橋凌らが出演する。

特報には、「アクション!」とカメラを担ぎ、撮影に走りまわる村西と仲間たちのエネルギッシュな姿が。

会社は倒産し、妻に浮気され絶望のどん底にいた村西が黎明期だったアダルトビデオに目を付け、トシ(満島)、川田(玉山)ら仲間を率いて成功。

商売敵や警察により窮地に立たされるも、一人の女子大生・恵美(森田)との出会いによって運命は大きく変わっていく。

シャンパンタワー、札束、ディスコ……そして時々ブリーフ一丁の村西。ドン底と絶頂を繰り返した村西のジェットコースターのような人生の断片が見られる。

併せて公開されたティザーキーアートも強烈なインパクトで、カメラを手にディレクターズチェアに座り、不敵な笑みを浮かべた村西が収められている。

全裸監督の出演者のコメント

山田孝之さんのコメント
本作で、前科7犯、借金50億円、米国司法当局から懲役370年を求刑された村西を演じる山田は「これまで何度も『山田さん、監督はなさらないんですか?』と聞かれてきた。

僕の答えは毎回決まって『撮りたいと思うものがあったら撮りますよ』と答えてきた。

そして、ようやくナイスな答えを見つけました。

山田孝之AV監督になります。AVの帝王になります。質問は受け付けません。」と、村西本人のキメ台詞を織り込みつつ、ユーモアたっぷりにコメント。

満島真之介 コメント
お話をいただき、非常にワクワクしました。

この題材を今描くということに未来を感じたし、これから生きていくエネルギーをもらいました。

そして、当時の歌舞伎町をイメージした素晴らしいセットで撮影ができることにさらにワクワクは高まり、最初に足を踏み入れた瞬間は、夢の中にいるようでした。

スタッフの力は、やはり偉大です。タイムスリップしてきたような気持ちで、思う存分暴れまわりました。

そして、山田さんをはじめとする村西軍団は、とても魅力的なチームです。

それぞれの個性を存分に出しあい、芝居の中でセッションできる役者が揃うと、台本だけでは見えない人物像がこんなにも深まるのかと。

現場も毎日エネルギーに溢れていて、その空気感が確実に作品の力になっていると思います。

世界中の方々に、日本のエナジーを感じて欲しいですし、これから未来に生きる若者たちのエネルギーの源となってもらえたら嬉しい。

玉山鉄二 コメント
80、90年代の日本映画はある意味、日本らしさに満ち溢れていたのかもしれない。

モラルやコンプライアンスが不鮮明だった時代で、勢いがあったのは事実。この本を読んで、今は隠されたその日本らしさを感じました。

川田はある種、特徴が無く無意味に生きている人間。だからこそ、どう演じても良い。そう自分に言い聞かせて檻を外し、変人だけどそこにリアリティを仕上げる事が狙いでした。

プロデューサーから「日本最大の輸出品はひとつはエロだ」と聞いたときに大きな驚きを感じ、深く納得しました。今こそ隠された日本らしさを皆さんに見て感じてほしいです。

森田望智 コメント
個性的でダークな題材だけれど、王道的でポップな内容でもあって、誰もが楽しめるような、みんながワクワクするお話だと思いました。

そして、いい意味で色々ぶっ飛んでいる。だからこそ、これどうやって映像になるんだろう?と想像のつかない奇想天外な情景が沢山浮かんできて、何より私自身が一番ワクワクしてました。

どんな方にも観て頂きたいですが、とくに女性の方には届いて欲しいです。

いかがわしい、こんなの普通じゃないと敬遠されがちなAVの世界です。

けれど、ここで働いているのは、他の人と同じように仕事に誇りを持って、不器用ながら一生懸命生きている、

パワフルで愛しい人たちです。この人達の姿を通して、私たちの思っている普通って本当は何だろうと、考えるきっかけになってくれたらいいなと思います。

全裸監督のこれから

全裸監督の村西とおるさんは71歳の現在も現役で活躍されています。

この方のドラマを企画した段階でヒットは間違いなしというぐらいの面白くて変態です。

山田孝之さんが演じられるのはすごくはまり役でしょう。

黒木瞳さん役の森田望智さんが、どこまで演じきれるのかも注目です。

-芸能

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.