google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

未分類

杉葉子の現在は?90歳で結腸がんにて死去。代表作、青い山脈紹介!

投稿日:

https://www.asahi.com 引用

女優の杉葉子さんが、5月15日に
結腸がんのため90歳で、死去されま
した。

映画青い山脈の寺沢新子役で青春ス
ターとなり水着姿も披露し当時は話
題になりました。

杉葉子出演の青い山脈とは


青い山脈(あおいさんみゃく)は、石坂洋次郎の小説『青い山脈』を映画化した作品(日本映画)。

1949年・1957年・1963年・1975年・1988年の5回製作されたが最も名高いのは、1949年の今井正監督作品。主題歌の『青い山脈』は、日本映画界に限らず、広く知られている。

監督は今井正、主演は原節子、池部良。正続2編(正篇7月19日公開、続篇7月26日公開)。モノクロ、スタンダード。

東宝と松竹が映画化権を争い、松竹が木下惠介監督を提示したことから東宝側は負けるのを覚悟したが最終的には東宝が映画化権を獲得。

途中に東宝争議があり、企画審議会に加わっていた組合が「プチブル作家の石坂がブルジョア新聞に連載した作品をなぜ東宝がやる必要があるのか」と猛反対した。

今井は「戦時中抑圧されていた若い男女が一緒に町を歩く、それを描くだけでも意味がある」と反論した。

プロデューサーの藤本真澄は東宝を退社して藤本プロを設立する。

この時期機能が麻痺していた東宝では各プロデューサーの独立プロにスタジオを貸す方式をとっており、本作は藤本プロと東宝の共同作品となる。

東宝からの製作協力者として代田謙三、井手俊郎らが当り、当初小国英雄が脚本を執筆したが、監督の今井正と意見が対立し降板したため、今井が井手俊郎に書き直させた。

井手の脚本家デビュー作となる。以降のリメイク作品のほとんどは、この井手脚本が元になっている。

今井は芸者の梅太郎役に杉村春子を推してモメたが、最終的に木暮実千代に落ち着いた。

また服部良一の主題歌も今井正監督が好まなかったにもかかわらず、国民的愛唱歌になるほどヒットし、以降のリメイク作品にも使用された。

ロケ地は静岡県下田市他。

打ち上げ花火やカモメなどの描写にアニメーションが用いられ、前年に東宝を退社した鷺巣富雄が作画を担当した。

平成元年(1989年)「大アンケートによる日本映画ベスト150」(文藝春秋発表)では第20位にランキングされている。

スタッフ[編集]
原作:石坂洋次郎
監督:今井正
脚本:今井正、井手俊郎
撮影:中井朝一
音楽:服部良一
美術:松山崇
照明:森茂
録音:下永尚
主題歌:「青い山脈」
西條八十作詞、服部良一作曲
藤山一郎、奈良光枝歌
劇中挿入歌:「恋のアマリリス」
西條八十作詞、服部良一作曲
二葉あき子歌

配役
青い山脈
島崎雪子:原節子
梅太郎(笹井とら):木暮実千代
金谷六助:池部良
ガンちゃん:伊豆肇
沼田玉雄:龍崎一郎
笹井和子:若山セツ子
駒子:立花満枝
松山淺子: 山本和子
寺沢新子:杉葉子
井口甚蔵:三島雅夫
武田校長:田中栄三

https://ja.wikipedia.org 引用

杉葉子出演の経歴


平成17年度文化庁文化交流使(現地滞在者型)
杉 葉子
女優
派遣国:アメリカ
活動期間:2005年5月2日~10月31日
【生年月日】1928年生まれ
主な活動
・1947年東宝第2回ニュー・フェースとして入社
・1949年「青い山脈」(今井正監督、石坂洋次郎原作)のヒロイン・女学生の寺澤新子役で映画デビューし、一世を風靡する。その後「石中先生行状記」「青春会議」「丘は花ざかり」「夫婦」等約70本の映画に出演。テレビ、ラジオ、舞台で活躍する一方、上海に3年、ドイツに4年半、台湾に1年住んだ経験を生かして、執筆活動も盛んに行う。
・1977年アメリカに移住。アメリカでも「ピクチャー・ブライド」「ヒトハタ」「企業戦士の異国妻」など数本の映画に出演した。
・アメリカにおいて日本文化の紹介と日本文化交流に力を尽くし、数々の実績は高く評価された。ロスアンゼルス東京会副会長、NPO法人日本映画映像文化振興センター顧問、お手玉の会(本部・松山)顧問なども歴任。
・2004年日米文化会館主催の日本映画祭「活動写真」のプロモートを行う。また、日米婦人会「ネイバーズ・クラブ」で日本文化の紹介や、各方面で講演会、文化活動を展開している。

https://culturalenvoy.jp 引用

-未分類

Copyright© サイネタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.