google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

その他

菅野完、入れ墨写真とは?過去に2度、暴行事件で逮捕!強制わいせつ!

投稿日:

https://www.facebook.com 引用

作家の菅野完さんが、強制わいせつ
未遂容疑で書類送検されていた事が
分かりました。

14日に送検されており、容疑を大
筋認めているようです。

今回の事件は2012年の出来事で
実は過去にも女性に暴行をし逮捕さ
れた経歴を持っています。

入れ墨を見せ叫んでいるツイッター
もあり危険な感じがします。

では、どのような事件を起こしてい
たのか紹介していきます。

菅野完の暴行事件⓵

https://www.facebook.com 引用

菅野完さんはアメリカ留学中に暴行
事件で二度も逮捕されています。

米国で女性暴行し逮捕状
週刊現代の報道によれば、1997年8月27日、セントラル・テキサス・カレッジ在学中、当時交際していた同級生の日本人女性に、電話料金の支払いを断られたことから暴行を働き、鼻の形を変形させるなどの怪我を負わせ、同年9月5日にキリーン市警察に傷害罪で逮捕され、1998年5月29日、テキサス州ベル郡第2裁判所により罰金650ドル、12か月の保護観察処分が言い渡された。

しかし、この判決が出る前の同年5月23日にも同女性に暴行し、「家族や同居人への傷害罪」すなわちドメスティックバイオレンスで2度目の逮捕。

保証業者に立て替えさせ2,500ドルの保釈金を納め保釈されるも逃亡し、1999年6月25日に開かれた公判にも出廷せず、当日出された「仮判決文」では保釈金没収が宣言され、「被告の再逮捕の令状発行を求める」と記された。

テキサス州ベル郡当局は、米国での菅野の逮捕状について「アクティブ(有効)です」と断言。弁護士の島伸一は、テキサスの刑事訴訟法では州外に出れば時効は停止し、逮捕状が有効であれば逮捕される可能性があるとしている。

菅野本人は自ら運営するホームページで、報道された2件の暴行事件を事実と認め、自身が「国外逃亡中」の身であるとした上で「実母の死去や生活に追われ出頭することができないまま、司法機関や相手方からの強い要請もなく、裁判が収束に向かったと合点しておりました。」と説明し、認知行動療法などのプログラムを受けていると弁明した。

なお、菅野は週刊現代の記事が掲載された直後の8月1日、2017年10月4日から出演していたRKBラジオ櫻井浩二 インサイトのインサイトコラムを降板した。

https://ja.wikipedia.org 引用

暴行理由が余りにも稚拙で逆に恐ろ
しさを感じる内容です。

菅野完の暴行事件⓶(強制わいせつ未遂事件)

https://www.facebook.com 引用

今回、書類送検された強制わいせつ
事件について紹介します。

2012年の初夏、菅野が携わっていた政治運動に賛同した女性を「新聞に意見広告が載ることになった」「会って挨拶したい」などと誘い出し、都内で初めて会った際に切羽詰まった様子で「某国会議員が俺のことを公安経由でかぎまわってる」「今日一日、ずっと尾行されている」「すぐにパソコン作業をする必要があるから家に行っていいか」などと説明し、録音を条件に応じた女性(原告)が悲鳴を上げるのも構わずベッドに押し倒し「怖いねん、抱っこして」と性行為を要求し、キスを迫るなどの性的暴行を与えた。

被害者は仕事を辞めて、精神的カウンセリングと治療のために病院に通い続ける事態になった。

これを受けて女性は2015年末に200万円の損害賠償を求めて菅野を提訴。

被害者から謝罪や損害賠償以外に「twitterアカウントを削除」「女性の権利問題に関する言論活動を今後しないこと」を求められたため示談交渉は決裂した。

菅野は「性的な行為を働いた」と認めて謝罪文を書き署名・捺印していたが裁判になると主張を180度変えた。

一審・東京地裁の判決後に菅野側は「(性的暴行の)回数が1回で短時間」「特に性的自由侵害の程度が高い部位には触れていない」「事件報道で社会的制裁を受けた」と主張して、「慰謝料は5万円を超えることはない」と慰謝料100万円の減額のために控訴した。

2018年2月8日、同訴訟の控訴審判決が東京高裁でおこなわれた。

阿部潤裁判長は女性側の主張をほぼ認めた一審・東京地裁判決を支持し、「慰謝料100万円は高額ではない」「不当な社会制裁ではない」「被害者の苦痛は慰労されていない」として菅野側の控訴を棄却した。

被害女性は高裁による控訴棄却判決後、被害者は、「心からの反省の言葉が得られないことで、より傷つきます」と述べている。

その後菅野は最高裁判所への上告は行っていない。

本事件を含め「自分の加害癖、ハラスメント癖」「自分の子供さえを含む自分の周りにいる「自分より弱い人」「自分より立場の悪い人」に対して、自分は極めて横暴に振る舞い、相手の尊厳や自己決定権を踏みにじる行為に及ぶことが往々にしてあることを、痛感した」ため、2018年7月現在も認知行動療法をはじめとする様々なプログラムを継続して受け続けているという。

https://ja.wikipedia.org 引用

菅野完のこれから

https://www.facebook.com 引用

 

菅野完さんは今回の事件以外にも経歴
詐称疑惑や、過去の発言で多くの人と
揉めており抗議文や警告状を受け取っ
ています。

今回の強制わいせつ事件ですが、心
神喪失者の行為は罰しないという点
で争われるのではと思われます。

-その他

Copyright© サイネタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.