google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

芸能

小池一夫と田中圭一の関係がヤバイ!漫画子連れ狼の原作者が死去。

更新日:

https://lineblog.me 引用

入院療養中であった小池一夫さんが
肺炎により4月17日にお亡くなり
になられました。

漫画の原作者として多くの作品を
生み出し代表作は「子連れ狼」
「クライング フリーマン」など
があげられます。

小池一夫とモンキーパンチさんの関係

https://headlines.yahoo.co.jp 引用

小池一夫さんは亡くなる直前まで
ツイッターを更新しておりモンキー
パンチさんの訃報には残念との
コメントをツイートされて
いました。

その内容の記事を紹介します。

17日に肺炎のため82歳で亡くなった「子連れ狼」などの漫画原作者で小説家の小池一夫(本名・俵谷星舟=たわらや・せいしゅう=)さんは、亡くなった17日にモンキー・パンチさんへの追悼文をツイートしていた。

人気アニメ「ルパン三世」の原作者で漫画家のモンキー・パンチ(本名・加藤一彦)さんは、11日午後7時26分、肺炎のため死去していた。

訃報は17日に事務所が発表した。モンキー・パンチさんの悲報を受け小池さんは17日に「モンキー・パンチさん、お亡くなりになったのか…。ルパン三世、大好きでした。ご冥福をお祈りします」と追悼した。

さらに連続ツイートで「好きな人や好きなことには、自然とやさしい大らかな態度になるけれど、嫌いな人や嫌いなことに、『攻撃してもいい』『失礼な態度をとってもいい』と言うことではないんだよ。

僕は、後者には、なるべく考えない、関心を持たないことで対処します。短く言うと、『ほっとけ』」とつづった。

再び連続ツイートし「モンキーパンチさんとは40年前、漫画アクションの初期に『ルパン三世』と『子連れ狼』で人気争いをしたライバルでもあった。

一緒に組んで『書記官鳥(セクレタリーバード)』という漫画も作ったなあ。淋しくなるなあ」と偲んでいた。

小池一夫さんの優しさがよく分かる
ツイートでした。

小池一夫の代表作

https://headlines.yahoo.co.jp 引用

小池一夫さんの代表作を
紹介します。

漫画原作者、小池一夫氏は1936年5月8日生まれ。秋田県出身。中央大学法学部卒。

さいとうたかをのプロダクションに所属。原作を担当する。

「ゴルゴ13」の初期などで実力を発揮。独立後初の「子連れ狼」は映画化されるほどのヒットとなった。主な作品は以下の通り(小池氏のブログから)。

●時代劇●

◆子連れ狼(画・小島剛夕)1970~76年(漫画アクション連載)

◆新・子連れ狼(画・森秀樹)1970~76年(週刊ポスト連載)

◆そして-子連れ狼 刺客の子(画・森秀樹)07年~(時代劇漫画JIN、ガッツポン連載)

◆弐十手(にじって)物語(画・神江里見)78~03年(週刊ポスト連載、単行本110巻)

◆首斬り朝(画・小島剛夕)72~76年(週刊現代連載)

◆御用牙(画・神田たけ志)70~76年(ヤングコミック連載)

◆半蔵の門(画・小島剛夕)78~84年(週刊現代連載)

◆乾いて候((画・小島剛夕)81~82年(漫画アクション連載)

◆葬流者(ソールジャー)(画・ケン月影)72~74年(漫画アクション連載)

◆修羅雪姫(画・上村一夫)72~73年(週刊プレイボーイ連載)

◆夢源氏剣祭文(ゆめげんじつるぎのさいもん)(小説、漫画版の画・皇なつき)小説は93~94年に毎日新聞連載、漫画は06~08年JIN連載)

◆ケイの凄春(せいしゅん)(画・小島剛夕)78~80年(漫画アクション連載)

◆花縄(がじょう)(画・森秀樹)03~08年(ビッグコミック連載)

◆春が来た(画・小島剛夕)76~78年(漫画アクション連載)

●アクション●

◆クライングフリーマン(画・池上遼一)86~88年(スピリッツ連載)

◆I・餓男(アイウエオボーイ)(画・池上遼一)73~79年(劇画ゲンダイ、GORO連載)

◆傷負い人(画・池上遼一)82~86年(スピリッツ連載)

◆オファード(・池上遼一)89~90年(スピリッツ連載)

◆実験人形ダミー・オスカー(画・叶精作)77~84年(GORO連載)

◆オークション・ハウス(画・叶精作)90~03年(ビジネスジャンプ連載)

◆マッド★ブル34(画・井上紀良)85~91年(ヤングジャンプ連載)

●その他●

◆新々・上ってなンボ!!(画・叶精作)87~04年(アルバ連載)

◆魔物語(画・叶精作)87~04年(アルバ連載)

※他、活字単行本の著作も多数

https://headlines.yahoo.co.jp 引用

小池一夫の経歴

https://www.huffingtonpost.jp 引用

小池一夫(こいけ かずお)
・本名:俵谷 譲
・生誕
1936年5月8日
・出身地: 秋田県大仙市
・死没
2019年4月17日(82歳没)

秋田県生まれ。中央大在学中、時代小説家の故山手樹一郎さんに師事。

その後、さいとう・プロダクションに採用され、1970年に独立。時代劇作品を多く手掛け、バイオレンスに満ちたアナーキーな作風で人気を博した。

漫画家の故小島剛夕さんと組み「漫画アクション」(双葉社)で連載したやもめ剣士の物語「子連れ狼」は、テレビドラマや映画などさまざまなメディアでヒット。

主人公・拝一刀(おがみいっとう)の追悼会が開かれるなど大きな反響を呼んだ。

「乾いて候」などの小説も手掛け、毎日新聞では93年から「夢源氏剣祭文」を連載した。

77年、漫画家や漫画原作者を養成しようと開講した「劇画村塾」からは、高橋留美子さんや原哲夫さんといった人気漫画家や原作者、ゲームデザイナーの堀井雄二さんらが輩出した。

2000年から09年まで、大阪芸術大の教授を務め、キャラクター造形の重要性などを説いて後進の育成にも尽力した。

ゴルフなどにも造詣が深く、ゴルフ誌を創刊するなど、財界やスポーツ界との幅広い人脈で知られた。

近年はツイッターでの端的なつぶやきが支持を集めていた。

https://headlines.yahoo.co.jp 引用

小池一夫さんと田中圭一さんの関係
ですがこのようなやりとりが
されていました。

お互いの意見に食い違いはあるよう
ですが、良好な関係ではなかったよ
うです。

小池一夫さんさんのご冥福を
お祈りいたします。

-芸能

Copyright© サイネタ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.