google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

芸能

ケーシー高峰が死去。舌癌の過去、死因は肺気腫。お色気医事漫談とは?

更新日:

https://www.sponichi.co.jp 引用

ケーシー高峰さんが、本日の3時に
お亡くなりになられました。

医療漫談で知られる漫談家のケーシー高峰
(たかみね、本名門脇貞夫)さんが8日
肺気腫のため福島県いわき市
の入院先で死去していたことが9日、
分かった。

85歳。山形県出身。葬儀は家族葬で行う。
所属事務所によると、約1年前から肺気腫を
患っており、昨年9月から療養のため、仕事を
全てキャンセルして休業した。

静養していたがいっこうに良くならず、今年
2月頃に容体が悪化して入院した。2月初旬には
、電話でしっかりした声を聞かせていたという。

最後の仕事は昨年9月に収録したBS朝日
「お笑い演芸館+」だった。

ケーシーさんは1934年2月25日生まれ。
日本大学医学部から芸術学部に転部して卒業。

リーガル天才・秀才に入門した。芸名は医療ドラマ
「ベン・ケーシー」から。60年代からお色気ネタを
交えた医療漫談でブレーク。

テレビ朝日系「エプロン寄席」、テレビ東京系
「おいろけ寄席」の司会を担当した。
白衣姿で黒板のスタイルはよく知られている。

70年代からは俳優としても活躍。カンヌ国際映画祭
パルムドール受賞作「楢山節考」、「男はつらいよ」
シリーズ、ドラマ「夢千代日記」などで印象的
な演技を見せた。

https://www.daily.co.jp 引用

病との付き合いは長く、2003年には腰部脊柱管狭さく症
2005年には舌がんで、30針を縫う手術を受けていました。

今回の死因は肺気腫で、ケーシー高峰さんはヘビースモー
カーでしたので、その影響もでたのかもしてません。

ちなみに肺気腫は、酸素と二酸化炭素の交換を行う肺胞の
組織が壊れ、肺にたまった空気を押し出せなくなる病気
で、完治は難しい病気です。

半世紀に渡り、お色気医療漫談や俳優などで活躍され
マルチタレントの草分けでした。

それでは、ケーシー高峰さんの経歴を紹介しましょう。

ケーシー高峰の経歴

https://www.daily.co.jp 引用

ケーシー高峰(けーしーたかみね)
・本名:門脇 貞男
・ニックネーム:ドクター
・生年月日:1934年2月25日)
・出身地:山形県最上郡最上町
・身長:174cm
・最終学歴:日本大学芸術学部

ケーシー高峰さんの母方は医師の家系
であり母親は産婦人科の医師でした。

ケーシー高峰さんも家業を継ぐべく日本大
学医学部に進学するものの、教授との折り
合いが悪く、芸術学部に転部してそのまま
卒業します。

同級生には宍戸錠さんがいました。

1957年には漫才コンビ大空はすか・かなた
を結成しデビューします。

1968年にはケーシー高峰に名前を変更し
お色気医事漫談を始めます。

もともと医師志望で、医療関係に詳しい事で
それにエロネタや「セニョリータ」
「グラッチェ」など怪しげなラテン系単語
を使い、人気者になります。

運転免許更新のビデオにも出演していました
が、あまりにもふざけていた為に問題に
なった事もあります。

1981年に夢千代日記ではシリアスな演技を
展開し高い評価を受けました。

2005年に舌癌になりますが、療養中でしゃべれない
状況で、黒板と身振りだけで漫談を行い、周りの
芸人を驚かせる程うけたようです。

ケーシー高峰の芸能活動

https://www.asahi.com  引用

それではケーシー高峰さんの出演作を
紹介しましょう。

映画
コント55号水前寺清子の大勝負(1970年、松竹)
喜劇 冠婚葬祭入門(1970年、松竹)
起きて転んでまた起きて(1971年、東宝)
冠婚葬祭入門 新婚心得の巻(1971年、松竹)
めまい(1971年、松竹)
喜劇 大泥棒(1971年、松竹)
喜劇 いじわる大障害(1971年、ダイニチ映配)
喜劇 怪談旅行(1972年、松竹)
快感旅行(1972年、松竹)
江戸艶笑夜話 蛸と赤貝(1974年、日活)
十六歳の戦争(1974年)
愛のなぎさ(1976年、東宝)
バカ政ホラ政トッパ政(1976年、東映)
春男の翔んだ空(1977年)
はだしのゲン 涙の爆発(1977年、共同映画全国系列会議)
ワニと鸚鵡とおっとせい(1977年、松竹)
ダイナマイトどんどん(1978年、東映)
茗荷村見聞記(1979年、東映=東映セントラルフィルム)
ヒロシマのたたかい はだしのゲン PART3(1980年)
遠雷(1981年、ATG)
素人助役奮闘記(1982年、にんじんくらぶ)
次郎長青春篇 つっぱり清水港(1982年、松竹)
楢山節考(1983年、東映)
エル・オー・ヴィ・愛・N・G(1983年、東宝)
ションベン・ライダー(1983年)
俺っちのウエディング(1983年、松竹)
おしん(1984年)
それぞれの旅立ち(1985年、東宝東和)
ペンギンズ・メモリー 幸福物語(1985年)
やがて…春(1986年、にっかつ児童映画)
片翼だけの天使(1986年)
瀬戸内少年野球団・青春篇 最後の楽園
(1987年、日本ヘラルド)
塀の中の懲りない面々(1987年、松竹)
ドン松五郎の大冒険(1987年、東宝東和)
街は虹いろ子ども色(1987年、共同映画)
郷愁(1988年、ATG)
恋はいつもアマンドピンク(1988年、松竹)
丹波哲郎の大霊界2 死んだらおどろいた!!
(1990年、松竹富士)
遥かなる甲子園(1990年、東宝)
息子(1991年、松竹、監督:山田洋次)
プロゴルファー織部金次郎2 パーでいいんだ
(1994年、東映アストロ)
プロゴルファー織部金次郎3 飛べバーディー
(1995年、東映アストロ)
プロゴルファー織部金次郎4 シャンクシャンクシャンク
(1997年、東映)
プロゴルファー織部金次郎5 愛しのロストボール
(1998年、東映)
学校 III(1998年、松竹、監督:山田洋次)
木更津キャッツアイ 日本シリーズ KISARAZU
CAT’S EYE(2003年、アスミックエース)
石井のおとうさんありがとう(2004年、
現代ぷろだくしょん)
新・あつい壁(2007年、中山映画、監督:中山節夫)

https://ja.wikipedia.org 引用

この他にもドラマ・CMなど多くの作品に
出演されています。

ケーシー高峰のまとめ

ケーシー高峰さんの人生は病気との
闘いがありましたが、つらさをみせず
に人を笑いに導く事が出来るハートの
強い芸人さんでした。

このような芸人さんが、あらわれる事は
二度とないでしょう。

ケーシー高峰さんのご冥福をお祈り
します。

-芸能

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.