google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

その他 芸能

家族葬、あさイチで話題に!40代から備える! お葬式の新常識!最初が肝心!

投稿日:


12月11日、40代から備える! お葬式の新常識で家族葬があさイチで紹介され話題になっています。

大手葬儀社が喪主の経験がある500人に行った調査では、「初めて喪主を務めた平均年齢」が47歳で、さらに70%以上の人が、お葬式で何らかの後悔を抱えているそうです。

家族や親族だけで行う「家族葬」や、通夜や告別式がない「直葬」など、シンプルなお葬式を選ぶ人が増えていますが、オプションの追加料金などで逆に出費が増えるケースもあります。

家族葬では、呼ぶつもりがなかった親戚・知人が急に訪れて対応に追われたりして予定通りに進まない事もあります。

費用も大手の葬儀社なら軽く100万円は超えるとおもわれます。

家族葬、あさイチで話題に!の反応

家族葬とは


家族葬(かぞくそう)
家族などの近親者だけで行い、近親者以外の儀礼的・社交辞令的な弔問客の参列を拒否する葬式のことをいいます。

メリット
☆参列人数の確定や葬儀社による予算の変動が少なくて安心であり、日程などが自由に設定しやすい。
☆近親者のみで行うため、弔問客に気を遣うことが少なく、落ち着いて故人とのお別れができる。
☆例えば故人の死去時の状況が事故死や自殺であったなど、遺族にとって感情的に複雑な事情が生じているケースにも対応しやすい。
☆少人数で行うため、葬儀係員の人件費や葬儀場の設備費用が抑えられ、通夜振舞い・返礼品等の費用も低額になる。
☆虚飾を排し心のこもった葬儀を行いたい遺族にとっては、ふさわしい葬儀の形態である。

デメリット
☆弔問客(主に知人や近隣住民)に極力知られないようにするため、自宅や集会所などでの葬儀は基本的に出来ない。このため、葬儀社や公営の霊安室・式場が使われるが、そのための費用がかかる。葬儀社によっては、冷蔵の霊安室を完備しているのにドライアイス代金を請求する悪徳業者も存在する。
☆そのため、故人の遺体とは通夜までに気軽に会えないことがある。
☆弔問客から、葬儀後に苦言を呈されるなどの不義理が生じる場合がある。
☆弔問客が後日自宅にバラバラに弔問に訪れることになり、そのための対応に苦慮することがある。
☆前述のように、家族葬であっても葬儀費用は一般葬に比べほとんど変わらないのに対し、一般葬で遺族の収入となる香典・弔慰金がほとんどなく、☆葬儀費用と相殺できないため、一般葬よりも費用負担が増える場合もある。

-その他, 芸能

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.