google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

交通情報

気仙沼線、大船渡線の鉄道事業廃止へ!BRT(バス高速輸送システム)は継続!

投稿日:


11月12日、JR東日本は東日本大震災で線路が不通になり、現在はBRT(バス高速輸送システム)により運行している気仙沼線の柳津~気仙沼間と大船渡線の気仙沼~盛間について、鉄道事業法に基づき、同日付で国土交通大臣に鉄道事業廃止の届出を提出しました。

東日本大震災で被災し不通後は、早期の輸送サービス再開や、運転本数の増加などを目的に、鉄道の線路をバス専用道路として活用するBRTとして運行しています。

BRTは道路運送法に基づき運行しており、鉄道事業の廃止による運行・サービス水準の変更は無いとJR東日本はコメントしています。

気仙沼線、大船渡線の鉄道事業廃止へ!の反応

気仙沼線とは


気仙沼線(けせんぬません)
宮城県石巻市の前谷地駅から気仙沼市の気仙沼駅を結ぶ、東日本旅客鉄道の鉄道路線(地方交通線)になります。

東日本大震災の影響で、沿岸部を走行する柳津駅 – 気仙沼駅間が不通となりましたが、同区間では2012年8月20日よりバス・ラピッド・トランジット (BRT) の暫定運行を開始し、同年12月22日から本格運行に移行しています。なお、2019年11月12日には不通区間を廃止する旨の届け出が行われました。

年表
☆2011年(平成23年)
:3月11日 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)発生により全線で不通。松岩 – 最知間に緊急停車中(乗員乗客は避難済み)だった上り列車1編成が津波に流される。
:4月9日 前谷地 – 柳津間で代行バス運転開始。
:4月29日 前谷地 – 柳津間で運転再開。
:5月9日 志津川 – 本吉 – 気仙沼間でミヤコーバス路線バス(三陸線)臨時ダイヤに乗る形で、当該区間に対し有効な定期券・回数券保持者に対するバス振替輸送を開始。普通乗車に関してはミヤコーバスが定める運賃を支払う。
:7月11日 柳津 – 志津川間でミヤコーバス路線バス(三陸線)臨時ダイヤに乗る形で、当該区間に対し有効な定期券・回数券保持者に対するバス振替輸送を開始。

☆2019年(平成31年・令和元年)
:3月16日 【駅新設】岩月。
:6月15日 清水浜 – 歌津間でBRT専用道供用開始。
:10月13日 台風19号の影響により、陸前横山駅 – 陸前戸倉駅間および清水浜駅 – 歌津駅間のBRT専用道で土砂が流入する被害を受ける。これに伴い、柳津駅 – 陸前戸倉駅間および志津川中央団地駅 – 陸前港駅間のBRT専用道が使用停止となり、一般道での迂回運転を実施。
:10月27日 柳津駅 – 陸前戸倉駅間および志津川中央団地駅 – 陸前港駅間のBRT専用道が使用再開し、一般道での迂回運転を解除。
:11月12日 JR東日本が同日付けで、国土交通大臣宛てに柳津駅 – 気仙沼駅間の鉄道事業廃止届を提出。

☆2020年(令和2年)
春頃 【駅新設予定】赤岩港。

-交通情報

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.