google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

交通情報

国道161号、魔の片側1車線!10月だけで2人、過去10年間で14人が死亡!対策には限界が?

投稿日:


琵琶湖の西岸を走る国道161号で、正面衝突による死亡事故が多く発生しており10月だけで2人、過去10年間で14人が亡くなっています。

国道161号で正面衝突による死亡事故は2009~19年10月に14件で、すべて大津市坂本7丁目-滋賀県高島市マキノ町の片側1車線区間(約62キロ)で発生
しており、原因は自動車専用区間や高架区間が長く、単調な道が続くため、居眠りや脇見などが起こりやすいからのようです。

信号や交差点が少ないため、制限速度を超える車も多くなっている事も死亡事故につながる要因となっています。

国道161号、魔の片側1車線!の反応

国道161号線は、道幅が狭くガードレールやケーブル型防護柵、中央分離帯などは整備できない状況のようです。

同区間の約22キロにわたり道路中央にゴム製のポールを設置し、中央線付近に音の出る舗装を施すなどの対策をしていますが事故は減る事につながっていません。

国道161号とは


国道161号(こくどう161ごう)
北陸・若狭方面と近畿(京阪神)を琵琶湖西岸を経由する重要な路線であり、西近江路とも呼ばれています。京都から敦賀まで、琵琶湖東岸を経由するより25キロメートル (km) あまり距離が短く、NEXCO中日本によると、京都東ICと敦賀ICまで、名神高速道路や北陸自動車道を経由するより所要時間が10分短縮できると説明しています(いずれの道路も渋滞していないと仮定)。

路線状況
☆ほとんどの区間は整備された2 – 4車線ですが、高島市マキノ町以南、大津市坂本までの約62kmの区間は、整備されているものの単調な片側1車線区間が多いため、2009年から2019年の間、14人がはみ出しなどの事故で死亡しており「魔の片側1車線」区間として報道されることがあります。このためセンターラインにゴム製ポールなどの設置が進められていますが、事故の削減にはつながっていない状況です。

☆敦賀市疋田の国道8号との離合点から滋賀県高島市マキノ町野口の国道303号との離合点にかけては急勾配が連続し、それほどきつくありませんがところどころに急カーブがあるなど、交通量のある国道としてはかなり線形が悪く、冬季は積雪や路面の凍結状態に特に注意を払う必要があるため、2003年度より、疋田交差点より4.5 kmの区間では疋田トンネルのすぐ東側へ新疋田トンネル(長さ63 m)の新設を含む愛発除雪拡幅事業を実施しています。

-交通情報

Copyright© サイネタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.