google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

交通情報

刈谷駅、人身事故で運転見合わせ!振替輸送、実施!運転再開も遅延、運休が発生!

更新日:


11月5日、14時36分頃、刈谷駅で、人身事故のため、一部の列車に運休や遅れが発生しています。

16時11分に運転再開しましたが、遅延や運休が発生しています。

振替輸送は実施しています。
☆名鉄名古屋本線
:名鉄岐阜~豊橋
☆名鉄西尾線・蒲郡線
:新安城~蒲郡
☆名鉄三河線
:知立~刈谷
☆名鉄豊川線
:国府~豊川稲荷
☆名鉄常滑線・河和線
:神宮前~知多武豊

刈谷駅、人身事故で運転見合わせ!の反応

刈谷駅とは


刈谷駅(かりやえき)
東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線および名古屋鉄道(名鉄)三河線の駅になります。

利用状況
駅周辺にトヨタの関連企業が多いため、JRではラッシュ時の快速列車を中心に金山 – 刈谷間では激しく混雑することがあり乗り換えの需要もあります。

2017年、JRは1日平均乗車人員35,077人、名鉄は27,483人を記録しており年々、増加傾向にあります。

年表
☆1981年(昭和56年)
:9月1日 – 刈谷駅南口の業務を名鉄担当に変更。
:11月20日 – 三河線急行が廃止される。
:1984年(昭和59年)1月1日 – 三河線の貨物営業が廃止される。
:1986年(昭和61年)
:1月20日 – 東海道本線の車扱貨物取扱が廃止される。
:11月1日 – 東海道本線の荷物・コンテナ貨物の取り扱いが廃止され、貨物の取り扱いが全廃する。貨物関連施設を流用して刈谷コンテナセンターを開設。
☆1987年(昭和62年)4月1日 – 国鉄分割民営化により、東海道本線刈谷駅を東海旅客鉄道(JR東海)が継承。刈谷コンテナセンターは日本貨物鉄道(JR貨物)が継承。
☆1988年(昭和63年)9月4日 – 刈谷駅開業100周年記念行事が開催される。
☆1989年(平成元年)1月25日 – 南北連絡通路が完成する。
☆1990年(平成2年)3月21日 – 三河線刈谷駅を移設。
☆1992年(平成4年)6月27日 – JR東海に自動改札機を導入。
☆2005年(平成17年)9月14日 – 名鉄で交通プリペイドカード「トランパス」の利用が可能となる。刈谷コンテナセンターが移転して刈谷オフレールステーションに改称。
☆2006年(平成18年)11月25日 – JR東海でICカード「TOICA」の利用が可能となる。
☆2008年(平成20年)12月1日 – 駅南口のペデストリアンデッキ「みなくる刈谷ウイングデッキ」が完成する。
☆2009年(平成21年)12月21日 – 東海道本線構内の階段新設工事完工。
☆2011年(平成23年)2月11日 – 名鉄でICカード「manaca」の利用が可能となる。
☆2012年(平成24年)2月29日 – トランパスの使用が終了する。

-交通情報

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.