google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

芸能

自己防衛おじさん、異世界おじさんCMで話題!占い師の鉄平でも活躍!

更新日:

自己防衛おじさん、異世界おじさんCMで話題!の反応

異世界おじさんとは


『異世界おじさん』(いせかいおじさん)
異世界から帰ってきたという男性「おじさん」を主人公とし、いわゆる「異世界もの」のテンプレート的なお約束を逆手にとったギャグ、コメディが展開されていきます。

あらすじ
2017年秋。17年間の昏睡状態から目覚めた叔父に会うため、甥のたかふみが病室を訪れます。奇妙な言語を発し異世界「グランバハマル」にいたと語るおじさんを、「頭がおかしくなった」と突き放そうとするたかふみに対し、おじさんは実際に魔法を使って見せます。おじさんが本物だと知ったたかふみは、その能力を使ってYouTuberとして生計を立てることを勧めます。

YouTuberとなったおじさんとルームシェアを始めたたかふみは、おじさんから折にふれ異世界での生活について聞かされるが、それは通常の「異世界もの」とは異なる17年間の孤独で壮絶な物語でした。

登場人物
たかふみ
本名は高丘敬文。おじさんの甥(姉の息子)。覚醒したものの親族一同に引取を拒否されたおじさんに渋々会いに行くハメになるが、そこでおじさんの能力を知り、ルームシェアを始める。おじさんが無自覚なままに話す異世界での悲惨な想い出話に幾度となくショックを受ける。
おじさんが女性心理に疎く、特にツンデレエルフの好意に気づいていないことを残念に思っているが、実は自分も藤宮から明確に好意を向けられていることにまったく気づいていない。

ツンデレエルフ
本名不明。異世界にやってきたばかりのおじさんに助けられた美しい女性エルフ。おじさんには劣るが、自身も相当な剣と魔法の使い手である。典型的なツンデレで、おじさんに惚れて付き纏うが、照れ隠しからおじさんに対し「オーク顔」などと罵詈雑言を浴びせがち。「ツンデレ」というキャラクター属性が確立したのがおじさんが異世界に行った後の2004年頃であることや、女性心理に疎いことが手伝って、その恋心に気づかないおじさんからはストーカー扱いされ恐れられている。結果、おじさんから無意識に酷い目に合わされるが、まったくめげず、たかふみから非常にタフと感心されている。
名前は明かされておらず、たかふみ達からは「ツンデレさん」と呼ばれている。第一巻発売に向けてのアンケートにおいて「ツンデレエルフ」としてエントリーされていた。また、そのアンケートでは人気1位となっている。

メイベル
氷の一族の末裔である美少女。人に仇なす「魔炎竜」を唯一倒せる武器である「凍神剣」の守り手。氷の様に心を閉ざしている。一方で、それとは関係なく引きこもりの生活を送っていた。いわゆる「RPG」のキーキャラクター的存在で、魔炎竜を倒すために必要な凍神剣を手に入れるには、彼女が望む「マルキード山のポワポワの花」を持参して心を開かせる必要があった。しかし、固有名詞を覚えるのが苦手で、やり込み派のおじさんが、凍神剣無しで魔炎竜を倒してしまったため、心を開くこともなく自分の存在意義を失ってしまう。その上、さらにおじさんの助言によって人生が狂っていく。
実は400年前におじさんと同様に日本から異世界転生した剣士の末裔であり、その逸話は凍神剣共々グランバハマルでは著名なようである。

藤宮
本名は藤宮澄夏。たかふみの幼馴染で、目付きは鋭いが可愛らしい容姿の女性。眼鏡を掛けている。小学生の頃から好意を抱いていたたかふみと偶然再会し、以降、彼の目を自分に向けさせようと奮闘するが、まるで成功しない。たかふみを除き、現実世界で、おじさんが本当に異世界にいたと知っている唯一の人物。
小学校時代は男勝りな性格でブサイクだった(中学生のあたりから成長して可愛らしくなった)。それも、たかふみが恋愛感情を抱かない理由の一つでもある。一方、たかふみへの恋心に気づいているおじさんからは応援されている。

-芸能

Copyright© サイネタ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.