google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

交通情報

渋谷駅、人身事故で運転見合わせ!振替輸送実施中!りんかい線への直通運転を中止!

投稿日:


10月21日、18:17頃、渋谷駅で発生した人身事故の影響で、埼京川越線は新宿~大崎駅間、湘南新宿ラインは新宿~大船駅間の運転を見合わせており、振替輸送を行っています。

埼京線は、人身事故の影響で、上下線で運転を見合わせていましたが、18時47分頃に運転を再開し遅れが発生しています。

上下線に遅れと運休がでており、りんかい線への直通運転を中止しています。

渋谷駅、人身事故で運転見合わせ!の反応

渋谷駅とは


渋谷駅(しぶやえき)

利用状況
2018年度における各社合計の1日平均乗降人員は約334万人で、新宿駅に次ぐ世界第2位です。また、東急電鉄渋谷駅は私鉄駅としては世界一の乗降人員になります(JRを含めた場合JR新宿駅に次ぐ2位となる)。ただし、これは東急の2路線と東京メトロの2路線による直通人員が含まれた値で、直通人員を除いた2011年度の1日平均乗降人員は約230万人であり、新宿駅、池袋駅、大阪・梅田駅に次ぐ第4位となります。

:JR東日本 – 2018年度の1日平均乗車人員は370,856人である。
JRの駅では新宿駅、池袋駅、東京駅、大阪駅、横浜駅、品川駅に次ぐ第7位、JR東日本管内では新宿駅、池袋駅、東京駅、横浜駅、品川駅に次ぐ第6位。2007年度のピーク以降は減少傾向が続いており、2017年度はそこから約75,000人も減少している。1994年度から2012年度まで、JR東日本管内では19年連続で新宿駅、池袋駅に次ぐ第3位であったが、2013年度は25年ぶりに40万人を下回って5位に転落。乗車人員自体は前年度比較で30,000人以上減少(8.12%マイナス)。2016年度の乗車人員は品川駅を下回った。

:京王電鉄 – 2018年度の1日平均乗降人員は362,481人である。
同社の駅では新宿駅に次ぐ第2位。井の頭線の駅では第1位である。

:東急電鉄
東横線 – 2018年度の1日平均乗降人員は472,797人である。
同線の駅では第1位だが、実際に渋谷駅で乗降しない副都心線との相互直通運転による通過客も含まれている。
田園都市線 – 2018年度の1日平均乗降人員は695,920人である。
同線の駅では第1位だが、実際に渋谷駅で乗降しない半蔵門線との相互直通運転による通過客も含まれている。

:東京メトロ
銀座線 – 2018年度の1日平均乗降人員は224,896人である。
同社の全130駅の中では豊洲駅に次ぐ第8位。
半蔵門線・副都心線 – 2018年度の1日平均乗降人員は843,344人である(各線の合計値)。
同駅で乗降しない田園都市線・東横線との直通通過客も含まれる(東急電鉄広報課・東京メトロより)。東京メトロの他社直通連絡駅では第1位。
これらの値は東京メトロ線同士の乗換人員を含まない。東京メトロ線同士の乗換人員を含んだ、2018年度の路線別1日平均乗降人員は以下の通りである。
銀座線 – 227,672人 – 同線内では新橋駅、日本橋駅に次ぐ第3位。
半蔵門線 – 552,651人 – 同線内では第1位。
副都心線 – 314,267人 – 同線内では第1位。

-交通情報

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.