google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

芸能

風船バイク、ズムサタで話題に!動画アリ!持ち運べるモビリティ? poimoのお披露目!

投稿日:

風船バイク、ズムサタで話題に!の反応

風船バイク、ズムサタで話題に!poimoとは

メルカリと東京大学の川原圭博教授らは共同で、短距離利用のパーソナルモビリティー「poimo」を開発した。市販の空気入れで膨らませて木馬の形にして使う。ビーチボールのように折りたたんで持ち運べる。コンパクト性と、気体の圧力で膨らますことによるやわらかさや安全性で高齢者や子連れ女性などの利用を見込むほか、アウトドアやレジャー用にも可能性があると見ている。今後、実証実験を続けて数年以内に商品化を目指す。

本体重量は3・5キログラムで、タイヤのホイールに組み込んだ走行モーターや、充電バッテリーが含まれる。無線給電式で、1回の充電当たり約1時間走行できる。速度は毎時10キロメートル程度。多少の坂道でも走れる。

サスペンション機構があるため、ふわふわした乗り心地で安定して乗れるという。キックボードに比べて、走行時や乗るときの心理的不安が小さい。

コストを抑えるため、自動マッピング機能や途中障害物回避機能はあえてつけていない。モーターも安価なものを採用したため、急な坂道を上る能力も持ち合わせていないが、「モーターを高馬力にすれば可能」(川原教授)という。

最終的な販売価格は数万円を目標にしており、コストと性能、使い勝手の両立を探るため、経済特区などを利用して走行実験を続ける考えだ。

https://newswitch.jp 引用

2019年08月08日
poimoはパーソナルモビリティとソフトロボティクスの技術を組み合わた、人が持ち運べるくらい軽く、やわらかく安全で、どこでも乗り降り可能な新しい電動モビリティ。公共交通機関と目的地をシームレスにつなぐファーストマイル/ラストマイルを担うことを目的としている。インフレータブル構造によりボディを軽量化し、本用途に適したワイヤレス・バッテリーレス構造を無線給電グループと協力して開発している。 poimo is a new mobility combining personal mobility and soft robotics technology, which is soft, safe, and lightweight enough for people to carry. Users can ride it on and off anywhere. This mobility aims at supporting the first mile / last mile and connecting public transportation and destinations seamlessly. To reduce the weight of its body along with its inflatable structure, we have developed a wireless / batteryless powering system suitable for this mobility in cooperation with the wireless power transfer group. Hiroki Sato, Ryosuke Yamamura, Young Ah Seong, Hisato Ogata, Ryuma Niiyama, Yoshihiro Kawahara Contact: h-sato@isi.imi.i.u-tokyo.ac.jp

https://www.akg.t.u-tokyo.ac.jp/ 引用

-芸能

Copyright© サイネタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.