google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

交通情報

武蔵境駅、人身事故で運転見合わせ!振替輸送実施中!運転再開後も遅延発生の見込み!

更新日:

10月15日、中央線快速電車は、武蔵境駅での人身事故の影響で、上下線で運転を見合わせています。運転再開見込は7時10分頃から7時20分頃に変更になっています。

武蔵境駅、人身事故で運転見合わせ!の反応

 

この投稿をInstagramで見る

 

中川雅照さん(@masateru_grande)がシェアした投稿

武蔵境駅とは


武蔵境駅(むさしさかいえき)
東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)・西武鉄道の駅になります。

利用状況
☆JR東日本 – 2018年度の1日平均乗車人員は68,985人である。
JR東日本管内の駅の中では代々木駅に次いで第67位。

☆西武鉄道 – 2018年度の1日平均乗降人員は30,931人である。
西武鉄道の中では全92駅中33位。多摩川線内全6駅の中では最も多い。

歴史
:1889年(明治22年)4月11日:中央線の前身である甲武鉄道の新宿駅 – 立川駅間開通と同時に境駅(さかいえき)として開業。旅客および貨物の取り扱いを開始。
:1906年(明治39年)10月1日:甲武鉄道の国有化により、官設鉄道の駅となる。
:1909年(明治42年)10月12日:線路名称制定により中央東線(1911年から中央本線)の所属となる。
:1917年(大正6年)10月22日:多摩鉄道(現在の多摩川線)が開業。
:1919年(大正8年)7月1日:武蔵境駅に改称。駅名の重複を解消するためであり、同じ日にはそれまで当駅と同名を称していた2か所の「境駅」もそろって駅名を変えている(それぞれ境港駅、羽後境駅に改称)。
:1921年(大正10年)頃、東京寄りの上り線側に境浄水場への専用線が敷設され、資材の運搬などに使用されたが、昭和42年に廃止されている[3]。
:1949年(昭和24年)6月1日:日本国有鉄道発足。
:1967年(昭和42年)9月1日:貨物の取り扱いを廃止。
:1987年(昭和62年)
☆3月31日:貨物の取り扱いを再開。ただし車両輸送に限り定期貨物列車の設定はない。
☆4月1日:国鉄分割民営化に伴い、中央本線の駅は東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅となる。
:2001年(平成13年)11月18日:JR東日本でICカード「Suica」の利用が可能となる。
:2004年(平成16年)11月7日:高架化工事に伴い、西武とJR東日本の改札口を分離。西武側は分離当初仮設駅舎だったため、有人改札にて対応。
:2006年(平成18年)12月8日:多摩川線の駅ホームを高架に切り替え。
:2007年(平成19年)
☆3月18日:西武鉄道でICカード「PASMO」の利用が可能となる。導入時はまだ有人改札だったため、ICカード専用の読み取り機が設置された。
☆6月30日:同日16時30分頃から7月1日6時20分頃にかけて、中央線下り線を高架に切り替え、同時に南口改札口が新設された。
:2008年(平成20年)
☆3月29日:多摩川線の改札口に自動改札機を導入。
☆7月19日:多摩川線の駅ホーム2本目が完成。
☆8月29日:多摩川線の駅高架下に西武グループの駅ナカ商業施設「Emio」武蔵境店開業。成城石井、RF1 SELECT などが入店。
☆9月7日:中央線と多摩川線の乗換専用改札口を設置。
:2009年(平成21年)12月5日:同日21時頃から翌6日6時ころにかけて中央線上り線を高架に切り替え、一連の高架化工事(駅舎部分を除く)が完了した。
:2012年(平成24年)3月25日:初電より南北自由通路開設とJR改札口一元化。同時に仮設の改札口を廃止。
:2013年(平成25年)4月1日:JR東日本の駅が業務委託化。委託先は株式会社JR中央ラインモール。

-交通情報

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.