google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

その他

韓国チョ法相、辞意表明!任命したムン・ジェイン大統領の責任問題!政権への大打撃!

更新日:


10月14日、韓国のチョ国(チョ・グク)法務部長官は辞意を表明しました。

チョ氏を巡っては娘の不正入学や家族ぐるみの不透明な投資など多数の疑惑が取り沙汰されており、チョ氏の妻は私文書偽造の罪で在宅起訴されている状況でした。

声明の中でチョ法相は「国民に対して申し訳ない」として、一連の疑惑について謝罪をしています。

韓国法相、辞意表明!の反応

チョ法相は就任からわずか1か月余りで辞任することになり、チョ氏を法相に任命したムン・ジェイン大統領の責任を問う声があがるのは確実で、政権への痛手になる事はまちがえなさそうです。

韓国法相、辞意表明!チョ・グクとは


曹国(朝鮮語: 조국 (曺國)、チョ・グク)

☆法務部長官
任期
2019年9月9日 – 2019年10月14日
大統領
文在寅
前任者
朴相基(朝鮮語版)
☆青瓦台民情首席秘書官(英語版)
任期
2017年5月11日 – 2019年7月26日
前任者
曹大煥(朝鮮語版)
後任者
金照源(朝鮮語版)

☆個人情報
:生誕
1965年4月6日
大韓民国、釜山直轄市西区
:市民権
大韓民国
:政党
共に民主党
:配偶者
チョン・ギョンシム
:子供
2人
:出身校
ソウル大学校
カリフォルニア大学バークレー校

疑惑・不祥事
親族をめぐる疑惑
朴槿恵政権崩壊の原因となった崔順実ゲート事件では、崔順実の娘チョン・ユラの不正入学疑惑を批判していたことから、野党からは韓国の学歴社会を批判したドラマ「SKYキャッスル」の現実版、それを揶揄した「チョ・グクキャッスル」、「チョロナンブル(조로남불)」(自分がすればロマンス、他人がすれば不倫という二重規範を批判する韓国語「내로남불」のもじり)と批判され、また自身は剥いても剥いても疑惑が出てくることから「江南左派(강남좌파)」のもじりで「江南タマネギ(강남양파)」、「タマネギ男(양파남)」と揶揄されるに至っていました。また疑惑が広がっていた時期に韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定したのは、文在寅大統領が自らの後継と考えている曹の疑惑から国民の目をそらすためではないかという推測までなされていましていました。

不正入学疑惑
娘の大学入学にあたって高校時代の2週間のインターンだけで研究論文の筆頭著者に挙げられそれを利用して不正入学したとされる疑惑。

娘の不正進学疑惑
娘の大学院進学にあたって偽造された東洋大学(トンヤン大学)総長の表彰状が利用された疑惑。このほか別の大学でインターンをしていたとする時期とケニアで医療ボランティアをしていたとする時期が重なっていることも疑惑として指摘されています。

私募ファンドの不正投資疑惑
2019年9月16日、私募ファンドの実質的運営者チョ・ボムドンが逮捕されました。

-その他

Copyright© サイネタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.