google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

気象情報

阿賀野川、氾濫発生!動画アリ!鹿瀬地区と津川地区の2か所で水が堤防を超える!

更新日:

10月13日、新潟県によりますと、阿賀野川は阿賀町の津川観測所で水位が上昇し、鹿瀬地区と津川地区の2か所で水が堤防を超えたと発表しています。

また新潟市秋葉区にある満願寺観測所では午前7時10分に氾濫危険水位を超えています。

阿賀野川では水位が上がっていて、国土交通省と気象台は氾濫や浸水のおそれがあるとして厳重に警戒するよう呼びかけています。

 

阿賀野川、氾濫発生!の反応

阿賀野川とは


阿賀野川(あがのがわ)
福島県・群馬県に源流を持ち、新潟県を流れ日本海に注ぐ日本有数の川で、また国が指定した一級水系阿賀野川水系の本流であり一級河川になります。

阿賀野川水系としての本流指定部分は一級河川阿賀野川と一級河川阿賀川(あががわ)であり、その全長は 210 km で日本第10位、流域面積 7,710 km2 では日本第8位、また、下流部の河川水流量は日本最大級の一級水系です。

阿賀野川本流は、福島県の荒海川を源流とし、会津地方で阿賀川(又は大川)、新潟県に入ると阿賀野川と、幾度も名を変える大きな川です。

☆水系
一級水系 阿賀野川
☆種別
一級河川
☆延長
210 km
☆平均の流量
451 m³/s
(馬下観測所 1951年 – 2002年)
☆流域面積
7,710 km²
☆水源
荒海山(福島県)
☆水源の標高
1,581 m
☆河口・合流先
日本海(新潟県)
☆流域
日本
新潟県・福島県・群馬県

阿賀野川水系
☆荒海川
阿賀野川水系最上流部の川で分類は普通河川である。国からは阿賀野川水系の本流(本川)指定は受けていないが、水面が連続する川としては阿賀野川水系本流の最上流部にあたる。福島県と栃木県の県境付近、荒海山(太郎岳、1,581 m)北面から流れ出る多数ある沢と共に阿賀川へ流れ込んでいる。

☆阿賀川
荒海川に続くのが阿賀川(又は大川)で分類は一級河川である。国から阿賀野川と共に阿賀野川水系の本流(本川)指定を受けている。会津西街道(下野街道)に沿って北上し、裏磐梯湖沼群・猪苗代湖を源流とする日橋川と喜多方市塩川町会知付近で合流し、西へ向きを変える。さらに福島・群馬県との境にある尾瀬沼及び越後山脈にある尾瀬ヶ原の川上川を源流とする只見川と喜多方市山都町三津合付近で合流し新潟県境まで流れる。

-気象情報

Copyright© サイネタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.