google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

スポーツ

福留孝介、日米通算成績が凄い!2019タイガーススタメン決定!

投稿日:

http://hanshintigers.jp/data/player/2019/8.html 引用

阪神タイガースの開幕ですが3月29日
(金曜日)京セラドームでヤクルトを
迎えての3連戦になります!

今年の開幕オーダーですが矢野監督が
オープン戦最後のスタメンのままで
行くと発表しています。

そのままで行くとこのスタメンに
なります。

1(遊)木浪(背番号0)

2(中)近本(背番号5)

3(右)糸井(背番号7)

4(三)大山(背番号3)

5(左)福留(背番号8)

6(一)ナバーロ(背番号99)

7(二)糸原(背番号33)

8(捕)梅野(背番号44)

9(投)メッセンジャー(背番号54)

投手はオリックスから移籍した西投手
がもともとの本拠地スタートになるの
で開幕投手かという声もあがりました
が、予告先発でメッセンジャー投手と
の発表がありました。

福留孝介選手は昨年,不振に終わった
ロザリオ選手の穴を埋めようと
活躍されましたが、チームでは
福留選手と糸井選手そして糸原
選手以外はあまり打撃が目立た
ない結果になりました。

もう42歳になりますが、阪神に
移籍の初年度の怪我からここ
までよく回復されていると
思います。

それでは福留孝介選手の経歴から
紹介しましょう。

福留孝介選手の経歴

 

View this post on Instagram

 

阪神タイガースさん(@hanshintigers_official)がシェアした投稿


福留孝介(ふくどめ こうすけ)
・出身地:鹿児島県曽於郡大崎町
・生年月日:1977年4月26日
・身長:182 cm
・体重:88 kg

それでは福留孝介選手のプロ入り
前の経歴を紹介しましょう。

PL学園高校のOBで中日ドラゴンズの主力選手だった
立浪和義への憧れから、中学校への卒業を機に、
大阪府富田林市にあるPL学園高校へ進学。

1年の夏から5番打者、1年の秋から4番打者を
任された。

2年春の第66回選抜高等学校野球大会では、
2年生で唯一のレギュラー選手として出場。

チームは準決勝で智弁和歌山高校に惜敗したが、
福留は神戸弘陵高校との準々決勝で、2安打(
いずれも適時打)を放つとともに3打点を挙げた。

さらに、2年の冬に開かれた第1回AAAアジア野球
選手権大会にも、日本代表として出場。渡辺元智
監督の下で、代表チームの優勝に貢献した。

3年生だった1995年には、2年連続で選抜大会に出場

。初戦の相手である銚子商業高校の4番打者にして、
自身と同じ左打者の澤井良輔(銚子商業高校)と並び
称される格好で、大会屈指のスラッガーとして
注目された。

この試合では、澤井の本塁打で銚子商業が先制すると、
福留もバックスクリーンに3点本塁打を放つなど、
両チームで打撃戦を展開した末に延長戦へ突入。

しかし、延長11回表に3点を勝ち越されると、
チームは7 – 10というスコアで初戦敗退を喫した。

同年夏の第77回全国高等学校野球選手権大会では、
大阪大会で7本塁打をマーク。チームの全国大会出場
に貢献するとともに、「高校No.1スラッガー」として
NPB球団のスカウト陣から注目を浴びた。

全国大会では、北海道工業高校と1回戦で対戦。
3回裏には、打線が自身の右前安打を皮切りに4点を奪うと、
打者一巡で迎えた2回目の打席でライトスタンドに
満塁本塁打を放った。

さらに、5回裏の打席で選手権全国大会史上11人目の
2打席連続本塁打を記録するなど、3打数3安打6打点
の大活躍。

1回戦での大勝を受けて臨んだ城北高等学校 (熊本県)
との2回戦では無安打に終わったものの、チームは
準々決勝にまで進出した。

福留自身も、日本大学藤沢高校との3回戦で、三塁打1本
と1打点をマーク。

智弁学園との準々決勝でも、二塁打1本を含む3安打を
放ったが、チームは6 – 8というスコアで惜敗した。

秋のNPBドラフト会議では、7球団から1位指名を受けた。
NPBのドラフト会議で、高校生の選手に対して7球団が
1位指名で重複した事例は初めてで、高校の先輩・
清原和博に対する6球団競合(1985年)をも上回った。

結局、7球団による抽選の末に、近鉄バファローズが福留
への交渉権を獲得。

抽選に臨んだ監督の佐々木恭介は、交渉権の獲得を意味する
当たりクジを引いた瞬間、「ヨッシャー」と声を上げ
ながら喜んだ。

しかし、福留自身が会議の前に「希望する中日と読売
ジャイアンツ(巨人)以外の球団から指名された場合には
社会人野球へ進む」との意思を示していたことから、
近鉄からの指名後に入団を辞退。

結局、本社や硬式野球部の拠点が大阪府内に
ある日本生命へ入社した。

日本生命への入社後は、内野手として活躍しながら、
オフシーズンに社業の一環で保険の外交営業活動へ従事。

入社1年目の1996年には、アトランタオリンピックの
野球日本代表に選ばれると、2本塁打を放つなど代表
チームの銀メダル獲得に貢献した。

ちなみに、アトランタオリンピックの野球競技へ出場した
時点の年齢は19歳で、当時のオリンピック野球日本代表の
最年少記録であった。

入社3年目の1998年にドラフト会議の指名対象へ再び
入ったことから、逆指名制度を設けていたこの年のドラフト
会議では、当時立浪が所属していた中日を逆指名。

ドラフト1位扱いで、内野手として入団した。背番号は1で
、契約金は1億円、年俸は1,300万円(金額は推定)。
入団当初のポジションは遊撃手だった。

Wikipedia引用

福留孝介選手のプロ野球軌跡

福留孝介選手は今年でプロ入り21年
をむかえる大ベテランです。

通算安打は2306安打・ホームラン312本
(日米通算)の記録を持っています。

チームは以下のように移籍しています。
・中日ドラゴンズ
・シカゴ・カブス
・クリーブランド・インディアンス
・シカゴ・ホワイトソックス
・ニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約
・阪神タイガース

打撃
打球を広角に放つことができるのが
大きな特徴です。

メジャーリーグでは左投手に苦戦し
左投手の時はスタメンから外される
事もありました。

ただ、出塁率は高く日米で高い評価を
受けていました。

・守備・走塁
盗塁は余り企画しないのですが、成功率は
高く1塁まで4.05秒と俊足です。

肩はとても強く、守備位置などは常に
計算して守る為に常に高い守備率を
保っています。

福留孝介選手のこれから

福留孝介選手はもう42歳ですので、
怪我はしないようにして頂きたい
と願うのみです。

金本監督に鍛えられた若手がどこ
まで成長し福留孝介選手を休ませ
てあげれるかしかないと思います。

優勝を目指すにはベテランの力が
必要になりますので、鳥谷選手・
糸井選手と共にチームを支えて
欲しいと思います。

-スポーツ

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.