google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

スポーツ

広澤、サンテレビ解説で炎上!広澤の解説だけミュートしたい!張本の後釜!

投稿日:


9月29日、阪神対中日のサンテレビ中継は桧山進次郎さんと広澤克実さんで中継されています。

広澤克己さんの阪神タイガースに対するネガティブな解説で炎上しています。

広澤、サンテレビ解説で炎上!の反応

広澤克実とは


広澤 克実(ひろさわ かつみ)

☆出身地
茨城県結城市
☆生年月日
1962年4月10日
☆身長・体重
185 cm
99 kg
☆選手情報
:投球・打席
右投右打
:ポジション
一塁手、外野手、三塁手
☆プロ入り
1984年 ドラフト1位
☆初出場
1985年4月13日
☆最終出場
2003年10月27日(日本シリーズ第7戦)
☆経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
:選手歴
栃木県立小山高等学校
明治大学
ヤクルトスワローズ (1985 – 1994)
読売ジャイアンツ (1995 – 1999)
阪神タイガース (2000 – 2003)
:コーチ歴
阪神タイガース (2007 – 2008)
野球カンボジア代表 (2011 – )

引退後
☆引退後はNHKとスポーツニッポンの野球解説者に就任し、関西では朝日放送『虎バン』(毎月1回程度)と関西テレビ放送『ぶったま!』(レギュラー)にもコメンテーターとして出演しました。その後、2006年10月17日に阪神の一軍打撃コーチ就任が発表され、4年ぶりの現場復帰を果たしています。

☆2007年はチーム打率・得点・打点・安打・本塁打がリーグ最下位に低迷し、2008年は13ゲーム差をつけながら巨人に追い抜かれるという記録的なV逸の責任を取り、監督の岡田彰布、コーチの吉竹春樹と共に辞任、2009年からは再びスポーツニッポンの評論家を務めているが、前回と違い放送局との専属での契約は行わず、フリーの立場(主にサンテレビなど関西の放送局でのゲスト解説が多かったが、2012年からサンテレビ・仙台放送解説者となった)で出演しています。

☆2011年11月に野球カンボジア代表のコーチに就任しました。

☆2014年に自身のブログで引退後にメニエール病を患っていることが明かし、2015年には、テレビ出演した時にその詳細を語っていました。

☆所属事務所は株式会社ビッグベンを経て、2019年現在はジャパン・スポーツ・マーケティングがマネージメントを請け負っています。AbemaTV「六大学野球中継」解説者に就任。

現在の出演番組
☆亀ちゃんのタイガースに檄! – 2009年度からコメンテーターとして出演
☆サンテレビボックス席 – 2010年度からゲスト解説。2012年より専属解説
☆スポルたん!LIVE
☆野球道 (フジテレビ系列) – 2009年にはフジテレビ制作のヤクルト対巨人戦に1試合ゲスト出演。2012年より仙台放送制作の楽天主催カードの解説を担当
☆S☆1 – 2010年よりプロ野球解説者として準レギュラー出演
☆侍プロ野球 – 2014年よりCSTBSチャンネルで放送[注 5]の横浜DeNA主催カード(主に対阪神戦)の解説を担当
☆週刊タイガースかわら版 – ケーブルテレビ局のベイ・コミュニケーションズが放送

-スポーツ

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.