google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

その他

菅原一秀、女は25歳以下がいいで炎上!25歳以上は女じゃない、子供を産んだら女じゃない!

投稿日:

菅原一秀 経済産業相
「女は25歳以下がいい。25歳以上は女じゃない」
「子供を産んだら女じゃない」
「嘘を申請したから大丈夫」
『週刊文春』2016年4月7日号

菅原一秀経済産業相 
「シングルマザー世帯の雇用拡充」を公約に掲げながら……
新入閣を果たした菅原経済産業相は不祥事のデパートとして知られ、ウィキペディアにすら12もの不祥事が掲載されている。上記の発言はその中の一つ。

報道によると、菅原氏は2012年の年末頃から27歳の女性と交際(ちなみに菅原氏は独身だったので、ここで「愛人」という表現を使うのはおかしい)。女性によると、菅原氏は何かというと怒り、彼女に対して「バカじゃないの」「親の教育が悪い」などと言ったり、物を投げつけたりしていた。また、彼女を含めた女性を見下した発言を再三行っており、「25歳以上は女じゃない」「子供を産んだら女じゃない」などと話していたという。

菅原氏は「10の約束」として「子育て・教育無償化・不妊治療に財源確保!」「シングルマザー世帯(ひとり親世帯)の雇用拡充!」という公約を掲げているが、彼の目には子育てをする女性は「女じゃない」と映っているのだろうか。
反論は「誤って消してしまいました」
また、国会開会中だった2013年4月27日から5月1日にかけて、彼女を同伴してハワイ旅行に出かけていたことも判明した。菅原氏は衆院議員運営委員会に「政治経済事情視察」として請暇願いを出していたが旅行中は「ゴルフ三昧」で、心配する彼女に言い放った言葉が「嘘を申請したから大丈夫」だった。

https://bunshun.jp/ 引用

菅原一秀、女は25歳以下がいいで炎上!の反応

菅原一秀とは


菅原 一秀(すがわら いっしゅう)

☆生年月日
1962年1月7日
☆出生地
東京都練馬区
☆出身校
早稲田大学政治経済学部
☆前職
日商岩井従業員
☆現職
経済産業大臣
産業競争力担当大臣
国際博覧会担当大臣
ロシア経済分野協力担当大臣
原子力経済被害担当大臣
内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構)
衆議院議員
☆所属政党
自由民主党(無派閥)
☆称号
政治学士(早稲田大学)

☆ 第24代 経済産業大臣
内閣府特命担当大臣
(原子力損害賠償・廃炉等支援機構)
内閣
第4次安倍第2次改造内閣
在任期間
2019年9月11日 – 現職

☆衆議院議員
選挙区
(東京9区)
(比例東京ブロック)
東京9区
当選回数
6回
在任期間
2003年11月9日 – 現職

☆東京都議会議員
当選回数
1回
在任期間
1997年 – 2000年

☆練馬3区議会議員
当選回数
2回
在任期間
1991年 – 1997年

不祥事
☆選挙公報
3回の出場回数が「早稲田実業高校卒。硬式野球部で甲子園に4回出場」、ニューヨークの国連本部を背景に商談する菅原が描かれているが海外の駐在経験は無い、短期間で国連加盟国とほぼ同数の国を訪問した、など誇張表現が選挙公報に見られる、と2004年1月29日に共同通信が報ずるも、「選挙公報の単純なチェックミス」と述べた。

☆議員会館内事務所設置
資金管理団体以外の政治団体「菅原一秀君を育てる会」は、「主たる事務所」を2004年10月から衆議院議員会館内の菅原の事務所に衆議院内部規定に反して設置していた、と2007年1月28日に報じられるも「菅原一秀君を育てる会」は2006年末に解散届を提出しており現在は解消している。

☆震災時野球
能登半島地震が発生した2007年3月25日に、東京ドームで催された国会議員1期生と米国会議員の野球大会に参加した。

☆秘書給与
「月給のうち15万円を党支部へカンパとして事務所に払い込むように」と伝えられた秘書は実質的に強制と認識した、と週刊新潮が2007年10月に報ずるも、「カンパは本人の意思で、こちらから強制したということは断じてありません。」と述べた。

☆公職選挙法
2007年に東京9区の支持者らに1個約2,000円のメロンを贈った、と2009年8月3日に朝日新聞が報じた。

☆秘書の酒気帯び運転
2011年に菅原の男性私設秘書が、酒気帯び運転で停車中のタクシーに追突して男性運転手に軽傷を負わせ、菅原は「大変お騒がせして申し訳ありません。以後、徹底して指導にあたります」と述べた。

☆政治資金
2012年東京都知事選挙に出馬した猪瀬直樹に献金していた、と2013年11月25日にしんぶん赤旗が報じた。

☆国会野次
2016年の衆議院予算委員会で民進党山尾志桜里議員が待機児童関連の質疑中に、「保育園に落ちた、日本死ね」と記すブログについて「匿名だよ、匿名」と野次った。後日2万7000筆以上の署名が厚生労働大臣に手渡された。

☆愛人とハワイ旅行
経済産業副大臣在任中に「政治経済事情視察」として国会を欠席し、当時の愛人と喧伝される人物とハワイへ旅行[25]した、と2016年3月に週刊文春が報じた。

☆虚偽言動
2016年6月に、舛添要一辞職後の東京都知事選挙に立候補が噂された民進党蓮舫代表代行は「五輪に反対で、『日本人に帰化をしたことが悔しくて悲しくて泣いた』と自らのブログに書いている。そのような方を選ぶ都民はいない」と発言するが、後日「蓮舫氏のブログではなく、ネットで流れていた情報だった」と述べた。

☆女性蔑視発言
元愛人A子氏に「女は25歳以下がいい。25歳以上は女じゃない」「子どもを産んだら女じゃない」などモラル・ハラスメントした、と2016年6月に週刊文春が報じた。

☆統一教会
2017年10月の衆議院議員選挙で統一教会の青年信者4 – 5名を選挙運動員として使ったと報道されるが、「ああ、10000パーセントないですね、私そういうの嫌いだから」「宗教団体は……もう嫌い。公明党は応援してもらってますけど」と否定した。
2017年11月に、統一教会と家庭連合の2世組織勝共UNITEによる改憲大会『改憲2020実現 東京大会』に参加した。

-その他

Copyright© サイネタ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.