google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

その他 芸能

西尾正道、モーニングショーで話題に!ICRPは内部被曝を全く考慮しない、インチキだ!

投稿日:


9月25日、羽鳥慎一モーニングショーで原発処理水海洋放出の是非・風評被害は?が放送され話題になっています。

福島第一原発の処理水の海洋放出について賛否が分かれ原田義昭前環境大臣が退任直前に「原発処理水を海に放出して希釈するしか方法はない」と発言しています。

大阪市・松井一郎市長は「(大阪湾に処理水を放出する可能性について)あります」「基準を下回っているものであれば科学的根拠をきちんと示して処理すべき」と受け入れの姿勢をみせています。

JF大阪漁連・岡修会長は「日本一のシラス産地にしたのに水の泡になる。軽々しくそういう発言はしてほしくない」とコメントしています。

スタジオでは、東京工業大学助教・澤田哲生さん、北海道がんセンター名誉院長・西尾正道さんが解説をしています。

西尾正道、モーニングショーで話題に!の反応

小泉進次郎環境大臣は福島県の漁業関係者に謝罪し「漁師の皆さんに思いをはせなければ処理水に関する発言はできない」と具体的な発言はしていません。

大阪府・吉村洋文知事は「政治家が責任をもって取り組まなければならない」「海洋放出は政治家が旗を振らないとできない。批判はあるだろうが、やらないと問題だけが先送りされていく」と話しています。

西尾正道、モーニングショーでの発言

福島第一原発の処理水の海洋放出について。
海洋放出賛成:東京工業大学・澤田助教は「科学的には人体に影響はない」「世界には福島の処理水以上のトリチウムを海に放出しているところもある。もともとトリチウムは自然界にもあるため濃度が自然に近ければ科学的にが影響は出ない」、原子力規制員会・更田豊志委員長は「濃度が制限値を下回り、さらに希釈したうえでの海洋放出が最も合理的な手段。科学的な意味での影響が出ることは考えられないが社会的影響は小さなものとはいえない」。
海洋放出反対:京都大学・山田耕作名誉教授は「必ずしも安全と立証されているわけではない」「トリチウムは他の放射性物質より人体への影響は小さいとはいわれているが、今後どのような影響が出てくるかわかっていない時点での海洋放出は危険」、北海道がんセンター・西尾名誉院長は「人体への影響も起こりうる」「トリチウムは水素と同じ動きをする。体内でたんぱく室や糖などとくっつくと排泄されず年単位で体内に残る可能性がある」。
東京工業大学助教・澤田哲生、北海道がんセンター名誉院長・西尾正道のスタジオ解説。

 

-その他, 芸能

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.