google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

その他 芸能

ステーションブース、がっちりマンデーで話題に!JRが乗り出した15分150円オフィス!

更新日:


9月22日、がっちりマンデー!!で、「儲かる!分刻みビジネス」が紹介され話題になっています。

分刻みで駅のスペースを有効利用する旅客鉄道会社を紹介、忙しいサラリーマンが外出時に立ち寄って、仕事の整理ができるスペースが格安で使えるというサービスで、今後、首都圏を中心に拡大予定のようです。

ステーションブース、がっちりマンデーで話題に!の反応

ステーションブースとは

駅ナカシェアオフィス事業「STATION WORK」を本格開始します 〜東京駅・新宿駅・池袋駅・⽴川駅よりスタート、順次拠点開業〜

○ 東⽇本旅客鉄道株式会社は、グループ経営ビジョン「変⾰2027」のもと、「ヒトを起点とした価値・サービスの 創造」をとおし、お客さまや地域の皆さまの「⼼豊かな⽣活」の実現を⽬指しています。

○ その⼀環として、当社では、社会課題となっている働き⽅改⾰のサポート等を⽬的として、シェアオフィス事業 「STATION WORK」の実証実験(※)を進めてきましたが、その結果を踏まえ、2019年8⽉1⽇より、東京 駅・新宿駅・池袋駅・⽴川駅にてブース型シェアオフィス「STATION BOOTH」を展開し、同事業を本格開 始します。

○ 空間の快適性を向上させた新型「STATION BOOTH」を導⼊するほか、新たにSuica等によるご利⽤や 会員登録無しでのご利⽤も可能とし、更に利便性が向上しています。

○ 当⾯の間、キャンペーン料⾦として1名⽤ブースは、15分150円(税抜)にてサービスを提供します。

○ 今秋には、東京駅丸の内地下改札外において、コワーキング型「STATION DESK」 1号店の開業を予定 しています。

※⽴川駅のエキュート⽴川にて実施中の実証実験につきましては、7⽉24⽇をもって終了します。7⽉25⽇〜7⽉31⽇は、システム切換のため、ご利⽤いただけま せん。

実証実験にてご利⽤をいただいたお客さまの声などを踏まえ、より安全かつ快適にご利⽤いただける新型「STATION BOOTH」を開発しました。今回、東京駅・新宿駅・池袋駅に導⼊し、今秋以降、⾸都圏を中⼼とした多くの駅に設置し ていきます。

2019年8⽉1⽇の本格展開開始後、順次⾸都圏を中⼼に拠点を増やしていきます。また、今秋には、東京駅丸の 内地下改札外において、コワーキング型「STATION DESK」 1 号店の開業を予定しています。「STATION DESK」 においては、多様な席をご⽤意し、気分やシーンに合わせて選べる楽しさを提供します。ご利⽤料⾦につきましては、1 名⽤ 「STATION BOOTH」と同額の予定です。

https://www.jreast.co.jp/ 引用

-その他, 芸能

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.