google-site-verification:

話題のニュースや最新情報をお届けします。

サイネタ

その他 芸能

アマランサス、満天☆青空レストランで話題に! 長野県伊那市が紹介される!

投稿日:


9月14日、日テレ系全国ネット満天☆青空レストランに伊那市が登場しました。

いま注目のスーパーフード、アマランサスを美味しくお料理する方法が紹介され話題になっています。

番組MCの宮川大輔さんと北村匠海さんが、アマランサス畑を訪れ、アマランサスの実がなっている様子を見学し、さらにこの雑穀を使った「ポテトサラダ」や「鹿肉のフライのタルタルソース」「しょうゆ漬けネバネバ丼」「アマランサスパスタ」などの料理を味わいます。

アマランサス、満天☆青空レストランで話題に!の反応

アマランサスとは

アマランサスは、はヒユ科ヒユ属(アマランサス属)の植物の総称になります。

食用
古代南米のインカ文明などでは、種子を穀物として食用にしてきました。

これはトウモロコシや豆類に匹敵する重要作物であり、19世紀に入るとインドなどでも大規模に栽培されるようになっていきます。

日本へは江戸時代に、主に観賞用として伝来し、東北地方では小規模ながら、アカアワなどの名前で食用にも栽培されていました。

中国では、中国語(北京語)で 莧菜(xiàncài、シエンツァイ)、広東語で 莧菜(yin6choi3、インチョイ)、上海語で 米莧 (ミーシ)と呼び、緑色の葉と茎を食用にしています。

英語では、一般に chinese spinach(中国のホウレンソウ)などと呼ぶが、オーストラリアでは、広東語を英語風に書いた een choy(イーンチョイ)を野菜としての標準名としており、独特のえぐ味と濃い風味があります。

炒めると葉に含まれる色素が油に溶出して、紅色に染まる品種(ハゲイトウ)が多いが、赤くならない品種もあるようです。

アフリカの一部では、ホナガイヌビユの葉が食用とされており、ジャマイカでは、カラルー(英語版)と呼ばれ、モルディブでもディベヒ語で massaagu と呼ばれ料理に使われいます。

ほか、インドでも野菜として食され、サンスクリット語で Tanduliya と呼ばれる伝統的なアーユルヴェーダ医学のハーブとして利用され、葉以外の種子も水で茹でたり、ビスケットにしたり、スナックとしても食用可能です。

調理した葉には、ビタミンA、ビタミンC、カルシウム、マンガン、葉酸が豊富でダイエットにも最適といわれています。

-その他, 芸能

Copyright© サイネタ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.